【初心者必見】格安スマホとは?基礎知識からメリット・デメリットまで

 

格安スマホがよく分からない人

「格安スマホはなぜ安いの?」

「普通のスマホとどう違うの?」

「実際料金はいくらぐらいなの?」

「格安スマホのメリット、デメリットについて知りたい」

「格安スマホに向いている人、向いていない人を知りたい」

 

この記事では、こうした疑問や悩みにわかりやすく答えていきます。

 

本記事の内容
・格安スマホの基礎知識
・格安スマホのメリット、デメリット
・格安スマホに向いている人、向いていない人

 

私はワイモバイル歴3年の節約大好きサラリーマンです。

携帯料金だけで10万円以上節約してきた私が、格安スマホの基本をお伝えしていきます。

 

最初に結論から先に言うと、格安スマホに向いている人、向いていない人は以下のようになります。

格安スマホに向いている人
・10分を超える通話が少ない
・データ使用量が多くない(10GB以下だと安くなりやすい)
・最新機種にこだわりがない
格安スマホに向いていない人
・10分を超える通話が多い
・データ使用量が多い(20GBや30GB以上)
・最新機種を使い続けたい

 

格安スマホはキャリア(docomo、au、SoftBank)と違います。

ただ1つ言えるのは、「安かろう悪かろう」ではないとうことです。

 

この記事では格安スマホの基礎知識からメリット・デメリットを紹介しています。

自分の使い方が格安スマホに合う人は間違いなくおトクに使えるようになります。

 

格安スマホについて詳しくなることで、乗り換えるか判断できるようになりますよ。

格安スマホに乗り換えるか悩んでいる方や、少しでも気になる方はぜひ見ていって下さいね。

 

スポンサーリンク

格安スマホとは?基礎知識を知って、乗り換えを検討しよう

 

多くの人はキャリア3(ドコモ、au、ソフトバンク)より格安スマホに乗り換えた方が、今と同じように使えて月額料金を抑えることができます。

それでは最初に格安スマホの仕組みや、なぜ格安スマホがキャリアより安く利用できるのか、分かりやすく解説していきます。

 

なぜ安くなるのか?MVNOとは?

格安スマホを語る上で欠かせないのが「MVNO」です。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

ワイモバイル、LINEモバイル、UQモバイルなど格安スマホと言われている通信会社のことです。

 

MVNOはキャリア3社から通信設備(アンテナや基地局など)を借りてサービスを提供しています。

アンテナや基地局を全国に作ったり、メンテナンスするのには莫大な費用が掛かるので、その分MVNOは通信費を抑えられます。

またMVNOでは実店舗が少なかったり、設けていないところもあるので、キャリアに比べると人件費も掛かりません。

 

格安スマホとキャリアのスマホは違うの?

格安スマホでもキャリアのスマホと基本的には変わりません。

同じように使用できます。

通話、メール、LINEYouTubeTwitterInstagramなど問題なく使えます。

ちなみに私はソフトバンクからワイモバイルに変えて3年になりますが、一度も不自由だと思ったことはありません。

 

実際の料金は?

例えばLINEモバイルでは通話、SMSが利用でき、データ容量が3GBの場合、月額1,690円で使用できます。

キャリアと比べるとかなり安いですよね。

 

今使ってるスマホがそのまま使える?

SIMフリーのスマホを使っている場合

問題なくそのまま使えます。

 

◯キャリアでスマホを購入している場合

格安スマホの会社がどこの回線を借りているかによっては、今のスマホがそのまま使えない場合もあるので注意しましょう。

この場合は各携帯サイトから「動作確認」で使用できるか確認できます。

動作確認ができたスマホは「SIMフリー解除」をすることで、使用できるようになります。

 

格安スマホの基礎知識〜メリット、デメリット編〜

格安スマホのメリット

格安スマホの大きなメリットは以下の2つです。

 

格安スマホのメリット
◯使用料金が安くなる
◯プランが豊富

詳しく説明していきますね。

 

◯使用料金が安くなる

やっぱりこれが一番のメリットですね。

例えば、通話付、SMS付き、データ容量が3GBのプランでソフトバンクとワイモバイルで比較すると以下のようになります。

ソフトバンク:5480円(5GBまで同料金)

ワイモバイル:2680円(通話は10分まで無料)

となります。ワイモバイルはソフトバンクの約半分の料金になりますね。

 

◯プランが豊富

上記の例で紹介した通り、ソフトバンクの場合だと35GBまでは5,480円となっています。

例えばLINEモバイルでは、3GB5GB7GB9GBと多くのプランがあります。

自分に合ったプランを選ぶことで無駄な料金を払わずに済みます。

 

また、携帯会社によっては特定のアプリでデータ消費されないプランを取り扱っているところもあります。

例えば、LINEモバイルでは「データフリー」というプランがあり、LINETwitterInstagram、フエィスブックスなどはデータ消費しません。

 

このプランはワイモバイルにはないので、正直羨ましいです。

 

格安スマホのデメリット

次に格安スマホのデメリットを見ていきます。
格安スマホのデメリット
①通話料金の無料プランが10分(もしくは5分)のところが多い
②キャリアメール(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp)が使えない
③実店舗が少ない
④キャリア決済が使えず、クレジットカードでの決済しかできない場合もある
⑤通信速度が遅い場合や、時間帯がある
⑥LINEの年齢確認ができない(ID検索ができない)

デメリットの方が多いなと思いましたか?

安心してください。対処法もあるので紹介していきます

 

デメリットの対処法

①通話料金の無料プランが10分(もしくは5分)までのところが多い

➡︎長時間電話をする場合はLINE通話やSkypeを利用する。

 

②キャリアメール(@docomo.ne.jp@ezweb.ne.jp@softbank.ne.jp)が使えない

➡︎GmailYahooメールを利用する。

 

③実店舗が少ない(もしくはない)会社もあるので、自分で設定を行わなければならない場合がある。

➡︎実店舗がある会社を選ぶ。

もしくは実店舗がない会社でも、各会社の問い合わせフォームではチャット形式で質問ができる場合が多くなっています。

 

④キャリア決済が使えず、クレジットカードの決済しかできない場合がある。

➡︎キャリア決済が利用できる会社を選ぶ(UQモバイルやワイモバイルなど)

 

⑤通信速度が遅い場合や、時間帯がある

➡︎実際使用してる人に聞いてみるのが一番です。

ちなみに私はワイモバイルを使っていますが、「遅いなぁ〜」と思ったことはないです。

 

LINEの年齢確認ができない(ID検索ができない)

➡︎LINEの「ふるふる」「招待」「QRコード」などの機能を使用する。

もしくはLINEの年齢確認に対応してる会社を選ぶ(LINEモバイルやワイモバイル)

 

格安スマホの注意点

デメリットを見て「これぐらいなら大丈夫だな」と安心した人も、全員安くなるわけではないのでご注意ください。

以下の人は注意が必要です。

◯最新機種を使い続けたい人
◯データ容量の多いプランを使用している人
◯一回の通話時間が10分を超える電話が多い人

詳しく説明していきますね。

 

◯最新機種を使い続けたい人

キャリアでは最新機種を2年後に返却や機種変更する契約をすることで、月々の機種代金を下げるプランを展開しています。(※20191115日現在)

格安スマホの会社では、最新機種は取り扱っていないところが多いので、自分で買うことになります。

今まで2年ごとに最新機種に変えているという人は、キャリアのプランで購入した方が、機種代、通信料金、合わせて安くなる場合があります。

 

◯現在データ容量の多いプランを使用してる人

現在20GB30GBなど大容量のデータプランを使用してる人は、思っているほど安くならないこともありますのでご注意下さい。

逆に10GB以下で十分という人は、自分の使用料に合った格安スマホのプランを選ぶことで、今よりもかなり月額料金を抑えることができます。

 

◯一回の通話時間が10分を超える電話が多い人(LINE通話やSkypeも使えない人)

仕事などで一回10分以上の通話が多い人は、通話料金が積み重なり、キャリアより高くなる可能性があります。

格安スマホに向いている人

・10分を超える通話が少ない
・データ使用量が多くない(10GB以下だと安くなりやすい)
・最新機種にこだわりがない
・上記のデメリットが当てはまらない、気にならない

以上の人は、格安スマホに変えても料金は安くなり、今までとほぼ同様に使用できると思うので乗り換えをオススメします。

 

格安スマホに向いていない人

・10分を超える通話が多い
・データ使用量が多い(20GBや30GB以上)
・最新機種を使い続けたい
・上記のデメリットに気になるものがある

以上の方は格安スマホに乗り換えることでかえって料金が高くなる場合や、不満が出てくる可能性があるので、すぐに乗り換えるというのは控えた方がいいでしょう。

 

格安スマホの基礎知識を理解したら乗り換えを検討しよう

ここまで、格安スマホの基礎知識やメリット、デメリットをお伝えしました。

 

なぜ安くなるのか理解しておけば、安心して格安スマホを利用できますよね。

安かろう悪かろうではない、ということも分かってもらえたかと思います。

 

メリット、デメリットを知り、自分の携帯の使用状況と比べてみることで、自分が格安スマホに向いているか判断できます。

 

今は2年縛りや解除料が無い格安スマホの会社も増えてきました。

 

携帯料金は毎月の固定費です。

一度見直せば、その後は何もしなくても節約を続けることができます。

格安スマホに変えてみようと思った方は、ぜひ自分に合った格安スマホの会社を調べてみてください

 

関連記事をいくつか貼っていますので、気になる方はぜひ参考にして下さい。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事