Chromebook C100PAを4ヶ月使用したレビュー・感想【最強のサブ機】

・ChromebookのC100PAって実際どうなの?
・どんな使い方をする人が向いてる?
・いろんな人のレビューを知りたい

 

この記事ではこうした疑問に答えています。

 

この記事を書いている私はChromebook C100PAを4ヶ月使用しています。

4ヶ月使ってみた感想をひいき目なしでレビューしていきます。

 

結論からいうと、Chromebook C100PAはライトユーザーの方や、出先に持っていったりサブ機としては超オススメです。

反対に言うと、メインとしてChromebook1台で使うと力不足なところが出てくる場合もあります。

 

私はサブ機として出先などに持っていったりもしてますが、家でもほとんどChromebookを使用しています。

Chromebookでできないことだけ、他のパソコンを使っている感じです。

 

使用用途によっては、Chromebook1択でいいという人もいると思うので、

Chromebook C100PAのレビューを知りたい方や購入を迷っている方は、気になるところだけでも読んでいってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

Chromebook C100PAを4ヶ月使用したレビュー・感想

Chromebook C100PAはライトユーザーには最適です。

持ち出しも気軽にできるので、セカンドPCとしてもオススメできます。

理由としては、Chromebook C100PAはB5用紙程度の大きさ、890gという軽さ、本体を開いたらすぐに起動する、ネットもサックサクという気軽さにあります。

 

ここからレビューを紹介していきますが、最初に私の主な使い方をお伝えしときます。

 

筆者のChromebookの使いかた
・ブログの作成
・ネットサーフィン
・Amazonプライムビデオの視聴
・Twitter

 

使用方法が似ている人は特に参考になるかと。

 

Chromebook C100PAを使って良かった点

Chromebook C100PAを4ヶ月使ってみて、良かった点を以下にまとめています。
使ってみて良かった点
①気軽に持ち運べる
②重めの作業でなければ十分
③価格が安い
④マウスが必要ない

 

一つずつ解説していきますね。

 

①気軽に持ち運べる

大きさ、重さ、バッテリーのタフさ、起動時間の短さ、どれを取っても持ち出しに便利です。

 

私は普段の仕事にも毎日持っていって、昼休みにブログを書いたりしています。

起動時間は本体を開いて10秒も掛からないので、時間がない時でもサッと開いてすぐに使用できます。

泊まりで出張に行く時などは、夜にAmazonプライムビデオで映画を見たりもします。

バッテリーも夜に充電しておけば、日中になくなるということはまずないです。

 

②重めの作業でなければ十分

ブログを書いたり、ネットサーフィンをしたり、AmazonプライムビデオやYoutubeを見るなどは全く問題なくできます。

私は家にメインのパソコンがありますが、ほとんどのことはChromebookでもできるので家でも大体Chromebookを使っています。

ただし、Excelで複雑な計算式を使ったりパワーポイントでガッツリした資料を作ったりするのは厳しいところがあります。

また、ブログを書くうえでは記事順位チェックツールのRank TrackerやGRCなどは使用できません。

使い方によっては家にChromebook1台というのは厳しいかなという感じです。

 

③価格が安い

新品で4万円ぐらいです。

ノートパソコンは10万円ぐらいが普通だと思っていたのでめちゃくちゃ安く感じました。

理由としては、家電量販店で見るパソコンは10万円以上が普通だったからです。

10万円以上するのはムダにスペックが高かったり、たくさんのツールやウイルス対策ソフトが入っているからなんですね。

 

ライトユーザーやサブ機として使う場合は、Chromebookで本当に十分です。

 

④マウスが必要ない

いくつかのショートカットキーとタッチパッドの使い方を覚えれば全然不自由なく使えます。

タッチパッドは操作する指の数で反応が変わるので感動しました。

ですので、車や電車の移動時間でもサッと取り出して使うことができるのも大きなメリットの一つですね。

 

Chromebook C100PAを使ってもう少しな点

Chromebookを4ヶ月使って、もう少しだな...という点も紹介しておきます。
もう少しな点
①キーボードが慣れるまで少し時間が掛かる
②指紋が付きやすい
③充電器が惜しい

 

ここも一つずつ解説していきます。

①キーボードが慣れるまで少し時間が掛かる

WindowsともMacともキーボードが若干違うので、慣れるのに少し時間が掛かるかもしれません。

「いいところ」で紹介したようにショートカットキーやタッチパッドで自分が多用するものを覚えれば、マウスなしでサクサク動かせるようになります。

 

②指紋が付きやすい

スクリーンを直接指で操作することもできますが、けっこう指紋が付くのでほとんど触ってないです。

タブレットのように使いたい人は保護フィルムを貼ることをオススメします。

 

③充電器が惜しい

充電器の差込口が折りたたみでないことは少し不便です。出張の時に少しかさばります。

充電器の形もLightningケーブルや、USBのタイプCではないので互換性が低いです。

とはいえ、バッテリーが長持ちなのでそこまで気にならないかなと言う感じです。

 

Chromebook C100PAの特徴・感想

Chromebook C100PAの特徴を紹介しておきます。

製品の特徴をよく知っておかないと後悔する可能性があるからです。

まず基本的なスペックを紹介します。

 

スペック
・10.1型サイズ=ほぼB5用紙
・重さは890g
・最長9時間のバッテリー、充電時間2.5時間
・タッチスクリーン
・360度回転
・無線LAN
・拡張端子USB✕2、MicroHDMI、MicroSD、ヘッドホンジャック
・全てのOSやアプリを最新状態に保つ
・メインメモリ2GB
・Bluetooth対応

 

スペックに対して、4ヶ月使用しての感想、補足です。

 

スペックに対しての感想、補足
・大きさ、軽さは本当に持ち運びに便利
・バッテリーは長時間持つので泊まり以外では充電器持っていかない
・スクリーンに関しては指紋が付くのであまり使用していないが、反応は良い
・タッチスパッドやマウスで動かすよりも指で触った方が早い場合もある。保護フィルムを貼って使うのがオススメ
・メインメモリが少ないがグーグルドライブにも保存可能、USBも挿せるので特に不便はない
・拡張端子も十分

 

Chromebook C100PAのレビューで気になるものを紹介

他の人のレビューで気になるものを私の感想と合わせて紹介します。

私の使い方とは異なる人もいると思うので参考にしてください。

 

・処理速度にストレスを感じない

→普通に作業するならサックサクです

 

・ハードウェア的な拡張性はないが、アンドロイドアプリは使える

全部ではないが、アンドロイドアプリも使えます

 

・リモートコントロールで自宅のパソコンをそれなりの速さで操作できる

→事前の設定と、リモートするパソコンを起動しておけばChromebookから自宅のパソコンなども操作できます。

 

・ディスプレイの開け閉め指が掛かりにくい。タブレットよりは持ちづらい。

→少し開けづらい。厚みがあるので、タブレットよりは持ちづらく重く感じる。

 

・静か

→ファンも無いので無音です。

 

・動画を併用しながらネットサーフィンや文章書くともたつくことも

→Youtubeを流しながらブログを書いたりしますが、それほど気にならないです。

 

・画面が狭いのでマルチタスクはちょっと...

2分割ぐらいは問題なく作業できます。

 

・Officeの互換性。Officeが残念。

→Officeには弱いです。私はGoogleのドキュメントやスプレッドシートを使っています。

 

・まる2年使い込んでも不満はほぼない。

→4ヶ月使用してますが同じく不満はほぼないです。

 

Chromebook C100PAはライトユーザーには最強!

ここまで、Chromebook C100PAのレビューや特徴を紹介してきました。

最後にまとめておくと、

 

・ライトユーザーやサブ機としては超優秀
・ネットサーフィンや動画を見るだけならコスパは最強
・メインのパソコンとしては少し力不足なところも
・特にOfficeをよく使う人は要注意

という感じです。

 

ネットサーフィン、動画の視聴、ブログの作成などどれも不自由なく、私は買ってみて大満足な結果になりました。

 

ライトユーザーや2台目として考えている場合は、値段もお手頃でオススメなのでぜひ検討してみてくださいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事