大学生が暇だと思ったらやるべき、たったひとつのこと。

・大学生だけど暇すぎる...何をすればいいの?
・将来のために行動したほうがいいと思うけど、やる気ゼロ。どうすればいい?

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、

大学で暇なときにやっておくべきことに、卒業から15年経って気づいた勤続10年の会社員です。

 

あのころ垂れ流していた時間が、今になって惜しくてしょうがありません。。。

 

ですので、暇を持て余している大学生のあなたに、少しでも役立てればと思い筆を取りました。

 

本記事の内容
・大学生が暇だと感じたら、やるべきこと。
・大学生で暇なのに動く力が出ないときに、やるべきこと。

 

結論からいうと、大学生が暇を持て余しているなら「自分で稼ぐ力」を身に付けることに時間を割くべきです。

 

この記事では、「自分で稼ぐ力」を身につける理由や、そのための方法を解説します。

ちなみに、パソコンとネット環境があればできるものばかりです。

 

そんなやる気は一切ありません、という方に向けた、やるべきこともお伝えしますのでご心配なく。

 

大学生だけど、ヒマだ。

なにかしなきゃ。けどなにをすればいいの...

 

こうした気持ちの方は、気になるところだけでも見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク

大学生が暇だと感じたら、やるべきことはたったひとつ。

大学生が暇だと感じたら、やるべきことはひとつだけです。

 

それは、「自分で稼げるようになる」ために動くこと。

 

いまあなたが暇だと感じているということは、「やりたいこと」や「なりたいもの」がないからです。

 

もしやりたいことや、なりたいものがあれば、時間を惜しんで行動しているはずですよね。

 

大学生のうちに「稼ぐ力」を身に付けるべき理由は以下のとおりです。

 

  • いまのまま仕事を始めると、どこかで働き方に疑問をもつ可能性がある
  • 働き方を変えたくなったときには、仕事に追われて時間がつくれない
  • 仕事がイヤになる→抜け出したい→努力する時間がないのループ

 

夢がないまま働き出した人が、すべてこうなるとは言いません。

仕事にドハマリして、仕事が楽しくてしょうがないと思える人もいるでしょう。

 

ですが、実際のところ、大学を出て3年以内に離職する人の割合は3割を超えています。

 

データは以下を参考にどうぞ。

厚生労働省 新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況より 

 

 

およそ3人に1人が、新卒で入った会社を3年以内に辞めています。

決して低い割合ではないですよね。

 

若いうちは転職先もすぐに見つかるでしょうが、次の会社が自分に合うかも分かりません。

 

筆者であるわたしも、一度転職していますが、

2社で働いて思ったのは「会社員」という働き方自体が合っていなかったということです。

 

辞めたくなってから、もしくは辞めたあとに、

「会社員向いてないかも...」という考えになると、時間的に余裕がありません。

 

ですので、時間がある大学生のうちに行動を始めましょう。

 

大学生が暇なときにやるべきこと。まずは6つの中から1つを選ぼう。

 

ここからは具体的にやるべきことを解説していきます。

 

わたしが稼ぐためにオススメする作業は、以下のとおりです。

 

「稼ぐ力」を身につけるためにやるべきこと
①ブログ
②YouTube
③動画編集
④プログラミング
⑤webライター
⑥webデザイナー

 

この6つを選んだ理由は、

 

  • 将来性があること
  • どこででもできる仕事
  • すぐに稼げなくてもスキルが残る

 

ものだからです。

 

例えば、ブログやYouTubeはガッツリ稼げるようになるには、相当な努力と時間が必要です。

 

人より秀でているものがある!と自負できる物がある人は、

それをブログや動画に落とし込むことで、早く成功できる可能性があります。

 

ですが、結果としてブログやYouTubeで思うように稼げなかったとしても、

1年、2年とやっていくうちに多くのスキルが身につきます。

 

ブログやYouTubeで身につくもの
・企画力(どんな記事を書くか、どんな動画を撮影するか)
・マーケティング力(どんなものが需要があるのか)
・マネタイズ力(アクセスからどう収益につなげるか)
・ライティング力、トーク力
・継続力
・自力で調べ、改善していく力
・ITリテラシー

 

ざっと思いつくだけでも、こうしたものが身につきます。

 

もちろん、ダラダラと続けるだけでは意味がないですが、

 

  • どうすればもっと記事を読んでもらえるのか?
  • どうすればもっと視聴回数が増えるのか?
  • どうすればもっと収益化できるのか?

 

日々考えて実践して、結果を見て、また改善してを繰り返すことで確実に成長できます。

 

 

また、ブログとYouTubeは資産になります。

どういうことかというと、

ずっと読まれる記事、ずっと再生される動画があれば、自分が手を動かさない間も収益が発生します。

 

こうしたものを多く作ることができれば、実働時間が少なくても収入はどんどん増えていきます。

 

 

反対に、動画編集、プログラミング、webライター、webデザイナーは、

ある程度のスキルを身につければ、仕事を受ければ受けるだけ収入が発生します。

 

ただし、働かなければ収入は完全にストップしてしまうんですね。

 

 

「稼ぐ力」を身につけるために、やるべきことをもう一度書いておきます。

 

「稼ぐ力」を身につけるためにやるべきこと
①ブログ
②YouTube
③動画編集
④プログラミング
⑤webライター
⑥webデザイナー

 

この6つの仕事のなかで、ぱっと見て興味がありそうなものはありますか?

 

少しでも興味があるものがあれば、まずやってみることです。

 

繰り返しますが、「まず、やってみること」です。

 

やってみないことには、自分に向いているか、合っているかは分かりません。

少しでも興味があるということは、それだけで向いている可能性があります。

 

社会人になってこれらを一から始めるのは、とても大変です。

 

普通の人は、毎日仕事するだけでいっぱいいっぱいです。

そのなかで副業として新しいことを始めるのは、かなり気合いが必要になります。

 

ですので、大学生で時間があるうちにスタートダッシュをしておきましょう。

続けるのはもちろん大変ですが、一番大変なスタートを乗り越えてるアドバンテージは大きいです。

 

資格取っておけば、いいんでないの?

資格とっておけば仕事はなんとかなるんじゃないの?という意見もよく聞きます。

 

ですが、資格といっても国家資格から民間資格までたくさんの種類があります。

 

やりたいことや、なりたいものがないのに、やみくもに資格を取っても将来使えるかはわかりません。

 

そもそもですが、

資格というのは、それを取るためにある程度努力したという証明にはなりますが、

それだけでは必ずしも仕事に困らないということには繋がりません。

 

実践経験がないのに資格だけもっててもあまり役に立たないということです。

 

弁護士や医師のような業務独占資格、

つまりその資格がないと就けない仕事でない限りは、やみくもに資格取得に励むことはオススメしません。

 

大学生で暇なのに動く力が出ない...やるべきこと

「稼ぐ力とか言われても、そこまでやる気でませんよ」という人がやるべきことを解説していきます。

 

正直そこまで精力的に動ける気がしない...動きたくないという人も多いと思います。

 

実際わたしも学生のときは、生産性のあることはなにひとつしていません。

だからこそ、後悔してこうした記事を書いているのですが...

 

動き出せないのには理由があります。

それは「自分ごと」として感じられていないからです。

 

自分には関係のないことと感じてしまえば、当然動けませんよね。

 

では、動けない、動きたくない人がやるべきことは以下のとおりになります。

 

動けない、動きたくない人がやるべきこと
・映画を見る
・本を読む
・お金に関する知識をつける
・ビジネス系YouTubeを見る

 

ひとつずつ解説していきます。

映画を見る

暇でしょうがないけど、働くとかはムリ...という人は映画を見ましょう。

 

見る映画はジャンルを固定しないようにするのがオススメです。

 

映画はたくさんのお金と、多くの人の作業の結晶です。

真剣に見ることで得られるものがあります。

 

人生を変えるほどの出会いがあるかもしれません。

 

本を読みましょう

漫画もいいですが、小説や自己啓発、ビジネス本も読んでみましょう。

 

タイトルや表紙を見て気になったものを手に取ればOKです。

 

大学には図書館があると思うので、そこで借りればお金もかかりませんよね。

 

 

映画と本ならAmazonのPrime Studentがオススメです。

 

学生なら6ヶ月間無料で、その後も月額だと250円、年間だと2,450円でサービスが利用できます。


プライムビデオでたくさんの映画を見て、キンドルでたくさんの本を読みましょう。

PrimeStudentに入っておけば無料対象の作品がたくさんあります。

 

キンドルはアプリを入れればスマホでも読めますよ。

 

コスパ抜群すぎです。

 

お金に関する知識

お金のことどれくらい知っていますか?

 

仕事を始めたら、ローンを組んで車を買って、結婚したら35年ローンで家を建てて、生命保険も入らないと心配だし、お金が足りなくなったらカードローンとかクレジットカードを使えばいいよね!

 

ちょっと極端ですが、こうした考えに疑問を持たない人はマネーリテラシーが低すぎです。

 

こうした考えだと一生お金に困る可能性が...

 

世の中てきには当たり前のように思われていることでも、

企業が巧妙に仕組んでいる罠もたくさんあります。

 

お金に対する知識がないと、どれだけ収入が増えても手元に残るお金は増えません。

 

こうした状況に陥らないためにも、一冊だけ本をオススメするので、ぜひ読んでみてください。


 

 

この本には、お金に関すること、働き方やローン、生命保険、車、家などたくさんの身近な問題を、かなり分かりやすく書いてあります。

 

この本を読むことで、お金や働き方に対する考え方が変わる人が多くいるでしょう。

 

まずはこの本で知識を深めましょう。

 

ビジネス系YouTubeを見る

心の底から何もしたくないという人は、YouTubeを見てください。

 

といっても、見るのはおもしろ系のYouTubeではなくビジネス系YouTubeです。

 

わたしがオススメなのは以下の人たちです。

 

  • イケハヤさん
  • マナブさん
  • 両学長

 

それぞれ2,3個見て気になる人がいれば、動画をさかのぼってガンガン見ていきましょう。

 

自分の意識が変わるかもです。

 

 

ここまで、大学生で暇な時間を持て余している人がやるべきことを説明してきました。

 

「稼ぐ力」にビビッときた人は、早速行動を始めてください。

 

まずはYouTubeで関連動画を見るとかでもOKです。

 

注意点としては、情報ばかり集めて手を動かさないのは、やめてくださいね。

手を動かしながら必要な情報を集めていく感じです。

 

 

「稼ぐ力」にビビっとこなかった人は、まだインプットが足りてない状態と言えます。

 

映画、本、お金の知識、YouTubeなどで情報を集めましょう。

自分の感情を高めましょう。

 

インプットしたものは、いつか動き出したときにきっと役に立ちます。

 

この記事が、大学生活が暇で仕方ないという人の動き出すきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事