【即戦力】大学生のマストな節約方法とは?「使わない力」を育てよう

・大学生は節約したほうがいい?
・大学生にオススメの節約方法を知りたい...

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、大学生のときに特に節約を意識せず生活していました。

 

その結果、貯金もできず、社会人になってもお金の管理ができない大人になり、激しく後悔した経験があります。。。

 

そんな私が、大学生のときにやっておくべきだったと思う節約方法を、過去の自分に向けるつもりで紹介します。

 

本記事の内容
・大学生が節約すべき理由
・大学生のマストな節約方法
・大学生のできれば挑戦してほしい節約方法

 


大学生は日々の生活のために節約するという人も多いですが、

人生という長い視点で見ても、節約できるというスキルは大きなプラスになります。

 

この記事を読んで、大学生が節約すべき理由を知って、

マストな節約、チャレンジすべき節約を実践していきましょう。

 

スポンサーリンク

大学生が節約すべき理由は生活費のためだけじゃない。「使わない力」を育てよう

大学生が節約するのは、生活費や貯金以外にも「使わない力」を育てるために必須です。

 

社会人になったら、限られた収入のなかで生活していかなければなりません。

毎月カツカツで乗り切るより、余裕のある生活がしたいと考える人は多いはず。

 

そのとき「稼ぐ力」に目を向けがちですが、「使わない力」を育てるのもとても大事です。

 

大学生活は社会人生活の事前練習のような期間でもあります。

大学生のうちに、お金とうまく付き合えるようになっておくと、人生がすこし楽になりますよ。

 

では具体的に大学生が節約すべき理由について、短期的なものから長期的なものまで紹介していきます。

 

大学生が節約すべき短期的な理由
・日々の生活費
・自己投資資金
・卒業旅行代
・就活費用
・社会人としての新生活の準備金

 

日々の生活費

大学生活を4年間過ごすうえで、まったく節約しなくていいという人は少ないはず。

 

自宅生か下宿生か、仕送りの金額、どれだけバイトに入れるか、他に収入があるかによって、毎月使えるお金は異なります。

 

ですが、支出<収入に抑えなければいけないことは共通ですよね。

とくに下宿生の場合は、家計管理を自分で行うため、お金の使い方が超重要になります。

 

「ヤヴァイ。のこり1週間、1000円で過ごさなきゃ...」

「料金払い忘れて、電気止まっちゃった...」

 

このようなことが起きないようにしましょう。

笑い話のようですが、実話です。

 

自己投資資金

大学の勉強以外でも、時間に余裕のある大学生は自己投資をした方がいいです。

 

社会人になってから勉強するよと思っていても、想像するより時間がありません。

一日働いたあとに、自分の成長のために勉強しようと思うためには、相当の覚悟と決心が必要です。

 

大学生のうちに勉強や一人旅などをするためには、殆どの場合お金が必要になりますよね。

 

自分の成長のため、自己投資に回すお金を確保できるようになりましょう。

 

卒業旅行代

大学生の卒業旅行は海外に!と考えている人もいるのではないでしょうか。

まとまったお金が必要になりますよね。

 

卒業旅行の費用を借金してまで行く人がいますが、日本の多くの企業の初任給は少ないです。

 

慣れない生活、奨学金の返済(大学生の多くは借りている)に加えて、

卒業旅行の費用まで返していくとなると、大学生の頃より生活が厳しくなった...なんてことにもなりかねません。

 

卒業旅行に行きたいと考えている人は、早めに節約してお金を貯めておきましょう。

 

就活費用

スーツや、ビジネスバッグ、移動費や宿泊費など就活にもお金がかかります。

 

すぐに内定がもらえればいいですが、どれだけお金が必要になるか予想するのは難しいです。

 

「貯金がなくなってきたから、少し遠いこの会社はやめておこう」

 

なんて決断をしなくてもいいように、節約しておきましょう。

 

社会人としての新生活の準備金

社会人になったら、新天地で生活を始める人も多いと思います。

そのときには、引っ越し代金などまとまったお金が必要になります。

 

新生活のためにお金を借りる必要がないように、事前に貯めておきましょう。

 

 

つぎに大学生が節約すべき長期的な理由は以下のとおりです。

 

大学生が節約すべき長期的な理由
お金の使い方の基礎ができあがる

 

大学生のときのお金の使い方は、社会人になってからも影響します。

大学生のときから、ムダなものは買わず、節約して毎月お金を貯めるリズムができていると、社会人になっても同じような生活ができます。

 

反対に大学生のうちから入ってきた分きっちり使っていると、社会人になり収入が増えても、結局その分使ってしまいます。

 

「大学生のときは、遊びたいから思いっきり使うけど、社会人になったら毎月5万円ずつ貯めるんだ!」

 

と思っていても、すぐにライフスタイルを変えるのは難しいと知っておきましょう。

 

大学生に絶対やってほしい節約方法、挑戦してほしい節約方法

大学生に、これだけはやってほしいという節約方法をお伝えします。

 

使わないコンセントをマメに消したり、10円安い卵を求めて遠くのスーパーまで買いに行っても大きな節約にはなりません。

 

ここでは、節約効果の大きい方法を紹介していきます。

 

大学生にこれだけはやってほしい節約方法
・格安SIM
・水筒持参
・飲み会の数を減らす
・本当に欲しい物だけ、なるべく安く手に入れる
・お金のかからない趣味、過ごし方を見つける

 

格安SIM

大学生が一番大きく節約できるのは住居費かスマホ代です。

 

住居費は選ぶときが肝心で、途中で転居すると引っ越し代がかかるので、ここでは割愛します。

 

今の時点でドコモ、au、ソフトバンクを契約している人は格安SIMに変えましょう。

 

いまのオススメは楽天モバイルです。

1年間無料ですし、その後も2,980円です。

 

いま1万円前後かかっている人は大きく節約できますよね。

これだけの金額を光熱費や食費で節約しようと思うと大変です。

というよりも、ほぼ不可能です。

 

大学生の節約でまず考えるべきは「格安SIM」であることを覚えておきましょう。




楽天モバイル

水筒持参

毎日コンビニや自動販売機で飲みものを買っていませんか?

 

1日150円使っているとすると、1ヶ月で4,500円。1年間で54,000円です。

 

繰り返します。

 

54,000円です。

 

おしゃれな水筒買ってきて、お茶をつくって持っていきましょ。

大きな節約になります。

 

飲み会の数を減らす

大学生といえば飲み会。

ですが、飲みに行くと少なくとも3,000円ほどかかりますよね。。。

 

これも月に2回行くだけで、年間72,000円です。

 

飲み会をゼロにしろとは言いませんが、すべてに参加するのはオススメできません。

選んで参加したり、家飲みしたりで節約を心がけましょう。

 

本当に欲しい物だけ、安く手に入れる

バイト代がまとまって入ると、買いたいものがいろいろ頭に浮かぶ人も多いと思います。

ですが、本当に欲しいものか、立ち止まってよく考えましょう。

 

「周りの人が持っているから」

「安い商品でもいいのに、高いものを買おうとしている」

 

そんな人は要注意です。

 

たとえば時計、とかですね。こだわりだすとキリがありませんよね。。。

 

本や雑誌なんかも新品で買う前に、図書館にないか、メルカルなどで売ってないか、

など無料や安く手に入る方法はないか、考えてから行動しましょう。

 

お金のかからない趣味、過ごし方を見つける

外に遊びに行くと、なにかとお金がかかりますよね。

お金のかからない趣味や、過ごし方を持っていると節約に繋がります。

 

例えば、図書館で本を借りたり、AmazonのPrime Studentを契約したりです。

 

授業の終わりにすこし図書館に立ち寄って気になる本を探してみる。

読書に飽きたら、Amazon Primeで映画を見る。

 

Prime Studentは半年無料でその後も、月額250円もしくは年額2,450円で契約できます。

大学生の特権なのでお見逃しなく。


Prime Student

 

図書館やPrime Studentは一例なので、自分に合うお金をかけない趣味や、過ごし方を探してみてください。

 

 

ここまでは大学生に必ずやってほしい節約方法を紹介しました。

 

ここで紹介した方法を実行するだけでも、月に数万円の節約になる人もいるでしょう。

4年間では大きな金額になります。

 

つぎに、もう一歩踏み込んでチャレンジしてほしい節約方法を紹介します。

 

大学生にできればがんばってほしい節約方法
・自炊する
・クレジットカードの有効活用、ポイ活
・【番外編】副業する

 

自炊する

自炊できるようになれば、当たり前ですが節約に繋がります。

 

外食やテイクアウトよりもコスパがいいのはもちろんですが、料理のスキルが身につけば一生使えます。

 

最初は炊飯器に入れるだけの混ぜご飯とか、

レトルトの具を買ってきて温めるだけのパスタなど、手軽にできるものからチャレンジしましょう。

 

余裕がでてきたら、クックパッドやYouTubeなどで自分でも作れそうなものを見つけて、

ひとつずつレパートリーを増やしていきましょう。

 

余談ですが、わたしがはじめて大学生になってカレーを作ったときは、油を熱しすぎて火柱があがりましたw

それでも今では最低限の料理はできるようになったので、みなさんもぜひやってみてくださいね。

 

クレジットカードの有効活用、ポイ活

クレジットカードやスマホ決済を使ってポイントを貯めましょう。

公共料金の引き落としなどをクレジットカードにしておくと、ポイントが溜まりやすいです。

 

注意点としては、

 

  • クレカの分割払いは使わない
  • クレカのリボ払いは使わない
  • ポイントを貯めるために買い物しない

 

ことです。

 

分割払いやリボ払いは、支払いを先延ばしにするだけです。

自分が使えるお金が増えたわけではありません。

利息も付くので要注意です。

 

また、ポイント中毒になるとポイント還元率が高い期間だからと不要なものを買ってしまう人がいます。

 

節約の基本はあくまで、「ムダ遣いしない」ことですので、

使いすぎてしまうかも...と不安な人は、最初から利用しないのもひとつの手です。

 

ちなみにクレジットカードを持つなら、学生用の楽天カードアカデミー、スマホ決済なら楽天Edy、スマホは楽天モバイルなど統一しておけばポイントは溜まりやすくなります。

 

 

【番外編】副業する

番外編として「副業」について紹介します。

 

節約とはちがいますが、ライティングやYouTube、ブログなど、

家でもできて、初期投資やランニングコストが少ないものにチャレンジするのも、大いにアリです。

 

さきほど紹介してた「お金のかからない過ごし方」のひとつとして考えてもいい方法だといえます。

自分が興味のある副業にチャレンジすれば、就活のときのネタにもなりますし、うまくいけば稼げます。

 

「図書館やPrime Studentで本や映画を見て、YouTubeやブログで紹介する」などのループもいいですね。

 

どんな感じかイメージがわかない人は、ネットやYou tubeで「大学生 副業」で検索してみましょう。

 

ライティングは、ランサーズクラウドワークスからとりあえず案件を見てみましょう。

初心者向けの案件もたくさんありますよ。

 

大学生はバイト以上に節約に力をいれよう

バイトをがんばる大学生は多いですが、節約もバイト以上に力を入れましょう。

 

「稼ぐ力」も重要ですが、「使わない力」も生きていく上でとても大事なスキルです。

どれだけ収入が増えても、それに伴って支出が増えれば、お金は貯まりません。

 

反対に支出を抑えることができれば、

収入が増えた分貯金や投資、あるいは自己投資にお金を回すことができ、さらに収入が増えていきます。

 

大学生活という短期的な目線だけでなく、生きていく上の重要スキルとして節約に取り組んでいきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事