収入の少ない夫がやるべき たった2つのこと

・自分(夫)の収入が少なくて妻に申し訳ない...
・自分(夫)の収入が少ないのをなんとかしたい...

 

この記事ではこうした疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、妻より収入が少なく手取り16万円です...(妻は18万)

 

家事育児はほぼ半々で分担しており、毎月10万以上の貯金に成功しています。

子どもはひとりです。

 

 

いきなりですが、日本人の平均給与はご存知ですか?

以下のようになっています。

 

【平均給与】441万円

【男性】545万円 【女性】293万円

【正規】504万円 【非正規】179万円

 

どうでしょうか?

私は平均よりもだいぶ低かったです...

 

結論からいうと、収入の少ない夫は「節約」と「家事育児」をやるべきです。

さらに「副業」までできれば言うことなしです。

 

すぐにでも、収入の高い仕事に転職できればすべて解決ですが、

いろんな事情でそれができないという人は「節約」と「家事育児」から始めましょう。

 

夫だけの収入を増やすことにこだわらずに、家族で収入を増やすことを考えていきましょう。

 

夫の収入は少ないけど、なんとか現状を打開したい!

何から始めればいいの?

 

そんな人は気になるところだけでも、読んでいってくださいね〜。

 

スポンサーリンク

収入の少ない夫がやるべきことは「節約」と「家事育児」

収入が少ない夫がやるべきことは「節約」と「家事育児」です。

 

収入の高い仕事に転職できるなら、それにこしたことはありません。

ですが、事情によって簡単に収入の高い仕事に転職ができないという人もいますよね。

 

自分の収入を増やせないのであれば、やるべきことは「節約」と「家事育児」です。

 

収入の少ない夫が「節約」するべき理由

ここでいう「節約」とは自分のお小遣いだけを節約することではありません。

 

家計の管理を奥さんに丸投げしていませんか?

 

当たりまえですが、家計の節約ができれば家計は楽になります。

 

収入を増やす方向ではなく、支出を減らす方法でアプローチするということです。

 

月に1万円節約できれば、家計からすると収入が1万円増えるのと同じことです。

 

具体的に言うと、まずは固定費の削減から始めましょう。

住居、車、携帯、保険など見直すポイントはたくさんあります。

 

わが家では夫婦でキャリア(docomo、au、SoftBank)から格安スマホに変えた結果、毎月約1万円安くなりました。

 

保険もムダなものを外すと、保険料が下がります。

 

こうした情報を集めて妻に提案して実践していきましょう。

 

収入を増やすのは大変ですが、固定費の見直しはすぐに実践できて効果も出ます。

 

固定費の節約は以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

 

収入の少ない夫が「家事育児」をするべき理由

勤務時間が短い場合はとくにですが、

 

 

「これでもかっ!」

 

というぐらい家事育児をやりましょう。

 

家のことを安心して任せられると妻に思ってもらえれば、奥さんも働きに出やすいです。

 

「自分で稼がないと意味がない...」

「夫に稼いでほしい...」

 

という声もあるかもしれません。

 

ですが、もっとも大事なことは「夫の収入」ではなく「家族の収入」です。

 

余裕のある家計にするためにも夫婦で協力して乗り越えるべきです。

 

夫が「家事育児」を積極的にやることで、妻が働きに出ることができる。

 

これは間接的ではありますが、夫が家庭の収入を増やしているとも言えます。

 

間違っても、家事育児は妻の仕事だ!と考えないようにしてください。

 

そのままでは奥さんはずっと働くことはできませんよ。

 

収入の少ない夫は副業にもチャレンジしてみよう

「節約」「家事育児」に慣れてきたら副業にチャレンジしてみるのもありです。

 

世の中にはたくさんの副業があるので、

自分で調べて興味のあるもの、できそうなことを見つけてチャレンジしてみましょう。

 

このときに、俺は副業するからと、妻に家事育児の負担をお願いするのはダメです。

 

副業を言い訳にして家事育児からどんどん逃げてしまいます。

 

私は副業としてブログを書いていますが、副業を始める前から家事育児の分担は変えていません。

むしろ前より積極的にやってるので、副業を始める前より増えたぐらいです。

 

私は副業のために睡眠時間(90分)と仕事の昼休みを使って時間を捻出しています。

 

また、副業を選ぶときは本業にちかいものを選ぶと、副業で成果が出なくても本業に活かすことができます。

 

副業のなかにはすぐには成果が出ないものも多いです。

 

ブログやYouTubeなんかはそうですね。

私も1年近くブログ書いてますが、伸び悩んでいます。

 

しかし、年齢的な問題や地理的な問題があって転職が難しいと考えている人は、

副業でもしない限り自分の収入を増やすのは難しいですよね。

 

体を壊すほどがんばる必要はありませんが、

自分のできる範囲で「副業」にもチャレンジしてみることをオススメします。

 

自分に合う副業に出会えれば、成功するまで続けるのみです。

 

夫の収入が少なくても、家族で増やすことはできる

夫の収入が少ないからと言って、絶望してはいけません。

夫婦ふたりで家族の収入を増やすこと、支出を減らすことを考えましょう。

 

いきなり夫の収入だけを増やそうと考えるのは、現実問題むずかしいからです。

 

前の章で紹介した「節約」をしてムダな出費を減らすことと、

夫婦で協力して仕事・家事育児を行うことで家計は改善されます。

 

余裕が出てきたら副業にもチャレンジしてみましょう。

 

最初はしんどいかもですが、副業の成果があがればさらに家計は楽になります。

絶対稼いでやる!という気持ちでチャレンジしてみてください。

 

大事なことは、節約でも家事育児でも副業でも継続することです。

 

そのためにはまず小さな一歩を踏み出しましょう。

歩くスピードを速くしたり、歩幅を大きくするのはゆっくりで大丈夫です。

 

まずは歩き続けることを目標に。

 

できることから始めましょう。

今日、いまから始めましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事