【2児のパパが選んだ】コスパがいい新生児の育児グッズ3選〜必須です〜

・子供が生まれた!
・コスパが良くて買っておいた方がいいものを知りたい!
・本当に使える新生児グッズを買ってママに尊敬されたい...

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は2児の父で、2人目が産まれて育児グッズを使い、その重要性を痛感した者です。。。

 

本記事の内容
・1万円以下の本当にオススメできる新生児の育児グッズ3選
・買わなくてもよかった育児グッズ紹介

 

 

結論から言うと、私が実際に使って

 

  • 本当に役に立った!
  • 心から助かった!
  • 1人目のときも買っときゃ良かった!

 

と思ったのは以下のグッズです。

 

本当に役に立った新生児の育児グッズ3選
①ベビーブランケット(おくるみ)
②SMORbiの抱っこひも
③アイリスオーヤマの保温ポッド

 

この記事では、上記の育児グッズがどう役立ったかなど掘り下げて解説していきます。

 

また、私が「買わなくても良かったな...」と思った残念グッズも紹介しています。

 

もうすぐ赤ちゃんが生まれる予定でそわそわしているパパや、
すでに赤ちゃんが生まれて育児グッズを探しているパパは、気になるところだけでも見ていってくださいね〜。

 

スポンサーリンク

新生児の育児グッズ。本当に役立ち、ママも喜ぶモノ3選

私が、

 

「これは買って、ほんとうに良かった!」

 

と思う新生児期に使った育児グッズ3選を紹介します。

 

1人目のときは、「育児を楽にするグッズを探す」という発想自体がなく、まさに体当たりで妻と協力してなんとか乗り越えたという感じです。

記憶もおぼろげになるほど毎日疲れ果てていました。。。

 

2人目のときは生まれる前から色々と調べ、育児グッズを使ったことで1人目のときよりもだいぶ楽に過ごせています。

 

そこで、実際に使って良かったグッズを紹介します。

 

本当に役に立った新生児の育児グッズ3選
①ベビーブランケット(おくるみ)
②抱っこひも
③保温ポッド

 

ひとつずつ解説していきます。

 

グッズ①ベビーブランケット(おくるみ)


 


「おくるみはタオルや布団でいいのでは⁉」

と思った人はちょっと待って下さい。

 

私も1人目のときは、赤ちゃんをタオルや布団でおくるんでいました。

 

その結果、見様見真似でおくるみをしても...

 

  • すぐに突破される
  • そもそも寝ない

 

という状況になってしまい、おくるみで寝かしつけることを諦めていました。

 

2人目も夜にミルクをあげたあとに、なかなか寝てくれない状況が続いて、藁にもすがる思いでおくるみを注文

 

すると、まさかの本当にすぐ寝てくれるように!

 

「え、本当に寝た...」

 

と、最初に寝てくれたときは感動と驚きでした。

 

おくるみしたあとに、抱っこで寝かしつけますが、抱っこをしなくても肩をポンポンするだけで寝るときも5回に1回ぐらいあります。

 

おくるみもピンきりですが、我が家で使っているのは上記のもので、デザインもかわいく3枚セットなので洗濯の心配もなし

 

本当に自分の赤ちゃんに効果があるかは分からないので、まずは、高価すぎないand少量から試してみるといいですね。

 

ベビーブランケット(おくるみ)の気になる点

おくるみの気になる点は、大きくなるとカンタンに突破されるのでは⁉という点です。

 

わが家の赤ちゃんは、この記事を書いている時点でまもなく2ヶ月というところですが、たまに首のところから手を出してくるようになりました。

 

今のところくるみなおすことで大きな問題はありませんが、成長に合わせて追記していきますね。

 

グッズ②SMORbiの抱っこひも



抱っこひもも定番商品ですよね。

 

ですが、私の場合1人目のときに買った抱っこひもがまったく使えませんでした。。。

 

ただ、2人目となると上の子も同時に見ないといけないので、抱っこひもがないと不便だとなり、妻と一緒に調べて買ったのが上記の商品です。

 

結果、ウチの子はこの抱っこひもを使うとすぐ寝ました!

 

体に密着させるタイプなので、赤ちゃんも安心するのだと思います。

 

あまりに良く寝てくれるので、お出かけのときに限らず、家にいる間もぐずったらすぐに抱っこひも装着して助けてもらっています。

 

紐の調整もすぐにできますし、ひとりでも問題なく赤ちゃんを抱っこする体勢にできるので、妻と併用して使っています。

 

抱っこひものなかではそれほど高価な商品ではないので、迷っているなら選ぶ価値アリです。

 

SMORbi(抱っこひも)の気になる点

抱っこひもの気になる点は、体格がよすぎるパパの場合、本当に新生児の頃しか使えないだろうということです。

 

私は肥満よりの標準体型で、胸板が厚いと言われたことが何度かあります。

そんな私が長袖のシャツの上から装着した場合で、調整ベルトの残りが片側3cmずつとなっています。

 

ですので、ガタイがいいなど大きめパパは使える期間が短くなるでしょう。

 

グッズ③アイリスオーヤマの保温ポッド



赤ちゃんにミルクをあげているなら、ミルクを作るときに大きな味方になってくれるのが保温ポットです。

 

我が家では普段温かいお茶やコーヒーなどを飲まないので、
1人目のときは保温ポットは購入せず、ケトルだけで乗り切りました。

 

しかし、今回はミルク作りの負担をなるべく減らしたいということで、生まれる前に購入。

 

結果としてミルク作りの負担を大きく減らしてくれました。

 

実際にケトルややかんと比べて省ける工程は以下のとおりです。

 

  • 沸騰させる
  • 適温まで冷ます(温度の下げ幅)

 

この2工程ですが、3分から5分は短縮できます。

 

特に子供が小さいときは、1日に何度もミルクを作る必要があるので、1回5分程度でも短縮できるのは、本当に助かります。

 

正直な感想は、

 

「こんなに楽になるなら、1人目のときから買っとけば良かった...」

 

です。

 

上記で紹介しているアイリスオーヤマの保温ポットは値段も安めでデザインも気に入ってます。

 

70℃に設定しておけばミルクも問題なく溶け、冷ます時間を短くできます。

 

アイリスオーヤマの保温ポットの気になる点

ひとつ気になるのは、安全のため電源ケーブルが本体から外れやすくなっている点です。

 

そのため、これまで何回かケーブルが抜けて電源が入っていなかっとことがありました。

そういうものだと分かれば気をつけるようになるので、特段不便ではありません。

 

新米パパの失敗。買わなくてもよかった育児グッズ

ここでは、私が「コレ、べつに買わなくてもよかったな...」と思った育児グッズを紹介していきます。

 

購入前はゼッタイに必要!と思っていても、実際に使ってみると使いづらかったり、そもそも必要ないものもあります。。。

 

私の体験が商品購入の判断材料になれば嬉しいです。

 

買わなくてもよかった育児グッズ
①抱っこひも
②ベビーバス(空気で膨らますタイプ)
③おしゃぶり

 

ここもひとつずつ解説していきます。

 

グッズ①抱っこひも

本当に役立ったベビーグッズでも紹介した「抱っこひも」ですが、1人目が産まれたときに買ったときは失敗していました

 

その時は、店頭にあったものをなんとなく選びましたが、実際に使ってみると...

 

  • 1人でセットしにくい
  • 抱っこしても落ち着かない
  • 抱っこしても寝ない

 

という、まったく使えないものを購入してしまいました。。。

 

ですので、抱っこひもはあった方が便利にちがいないけれど、慎重な商品選びが求められます。

 

グッズ②ベビーバス(空気で膨らますタイプ)

私は1人目のときに値段も安かったので、空気で膨らますタイプのベビーバスを購入していました。

 

ですが、

 

  • 底が浅い
  • 柔いので安定しない

 

ので、結局すぐにプラスチック型の以下のようなものを追加で購入し、そちらを使っていました。



この商品のほうが安定しており、折り畳めるので邪魔にもなりにくいです。

 

この先家族が増える可能性があるなら、収納できるにこしたことはないですよね。

 

グッズ③おしゃぶり

わが家の子どもたちは、2人共ほとんどおしゃぶりを使いませんでした。

 

購入はしており、何度か試してみましたが、本人も好きそうではないし、それほど効果も出ないしということでほぼ使いませんでした。

ただ、赤ちゃんのコンディションによっては稀に効果的な日があるのも事実です。

 

個人差やコンディションの影響が大きいことに注意して、買い過ぎには注意しましょう。

 

新生児グッズ、ママにプレゼントするならデザインは要相談

ここまで、私が使って本当に良かったと思った新生児のグッズを紹介してきました。

 

最後に改めて紹介しておきます。

 

本当に役に立った新生児の育児グッズ3選
①ベビーブランケット(おくるみ)
②SMORbiの抱っこひも
③アイリスオーヤマの保温ポッド

 

これらのグッズをママにプレゼントしようと考えたパパもいると思います。

 

センスに自信のあるパパは別ですが、不安な人はママに相談しましょう。

 

ママへのサプライズにはなりませんが、
おくるみや抱っこひもなど、特にデザインも多く、人の目にも付きやすいモノは、赤ちゃん以前にママが気に入らないと使ってくれません。

 

パパ、ママ、赤ちゃん三方良しの新生児グッズを使って、少しでも負担を減らして、楽しんで育児をしてくださいね。





スポンサーリンク
おすすめの記事