「紙巻き➜アイコス➜ニコレス」で禁煙?脱タバコ〜レビューもあり〜

・ニコレスで本当にタバコやめれる?
・ニコレスがオススメな人は?

 

この記事ではこうした疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、タバコ歴10年超で過去に何度も禁煙失敗の経験があります。

そんな私が「紙巻たばこ➜アイコス➜ニコレス」の順番で脱タバコに成功したので、経緯や感想を共有したいと思います。

 

本記事の内容
・ニコレスとは?
・ニコレスで脱タバコに成功した経緯
・ニコレスがオススメな人

 

この記事では、禁煙と脱タバコを以下のように定義しています。

 

【禁煙】ニコチンの出る電子タバコや紙巻たばこからの脱却
【脱タバコ】ニコチンのない電子タバコ(ニコレスなど)は吸っている

 

結論から言うと、私は元々紙巻たばこを吸っていましたが、
「紙巻たばこ➜アイコス➜ニコレス」の順番で乗り換え、脱タバコに成功しました。

 

この記事は、

 

  • 禁煙したい人
  • タバコ代を抑えたい人
  • 一服する習慣は残したい人
  • ニコレスの感想を知りたい人

 

などに向けて書いています。

 

気になるところだけでもぜひ読んでいってくださいね。

 


スポンサーリンク

ニコレスとは?

最初にニコレスについて簡単に紹介しておきます。

知っている人は読み飛ばしてくださいね。

 

ニコレスとは?
【タバコなの?】
タバコ葉ではなく中国福建省産の上質な正山小種(紅茶の一種)を利用
【使用方法】
アイコスなどの加熱式タバコを挿入するタイプのデバイスで利用可能
【価格】
1箱418円(定期購入で5%〜15%オフ、クーポンあり)
【ニコチン】
ゼロ。含まれていない
【取扱店】
ファミリーマート、イオンリテール、マツモトキヨシ、ドン・キホーテ、トライアルなど
【種類】
ストロングメンソール、メンソール、ミント、オレンジメンソール、レモンメンソール

 

私は元々アイコスを吸っていたので、アイコスを使ってニコレスを吸っています。

 

1箱あたりの価格は418円とタバコ税がかからないわりには高め

ただ、使用期間が長くなるほど1日に吸う本数も減ってきたので気にならなくなりました。

 

タバコ葉ではなく、紅茶の一種の茶葉を使用。

吸いごたえもあり、味も5種類あるので自分に合うものを選べます。

 

コンビニやドラッグストア、スーパーでも買えますが、私は楽天を利用して購入しています。

 

いつ吸わなくなるか分からないので、安いけど定期購入はしていません。

その代わり、いつも利用するショップからクーポンが毎月のように送られるので、300円オフや500円オフで購入できています。

 

ニコレスで脱タバコに成功した経緯

ニコレスで脱タバコに成功した経緯を紹介していきます。

 

禁煙の定義にニコレスも吸わなくることが入るのなら、私はまだ禁煙に成功していません。

一方で、紙巻たばこやアイコスなどのニコチンが入っている電子タバコは完全に辞めることができました。

 

辞めるというより、アイコスでさえ吸えなくなりました。

 

紙巻たばこからアイコスに変えた人は、紙巻たばこが吸えなくなったという人も多いはず。

それと同じ現象がニコレスでも起きました。

 

ではこれまでの経緯を詳しく紹介します。

 

筆者の過去の禁煙歴
・気合で禁煙➜数時間から数日で挫折した経験数え切れず
・禁煙外来➜4ヶ月で挫折
・「禁煙セラピー」✕「blu」で禁煙➜4ヶ月で挫折

 

自分の意志だけでの禁煙はすぐに挫折しました。

 

禁煙外来を利用した禁煙に失敗した理由は、「本当はまだ吸いたかったから」です。

辞めたくないのに辞められるわけありませんでした。

 

意外と「本当はまだ吸いたい」のに禁煙を始める人も多いのではないでしょうか。

 

「禁煙セラピー」を読んで、かつ「blu」を使っての禁煙は禁煙外来と同じくわりと長く続きました。

「禁煙セラピー」を読むことで、禁煙に対して理解をし、「blu」(電子タバコ)を使って口寂しさを紛らわす作戦でした。

 

「blu」もわりと良かったものの、いつまでも吸っていられることや、アイコスとの形状のちがいから違和感は残っていました。

(bluは日本では販売終了になるようです。2021年4月現在)

 

その結果「タバコ(アイコス)」を吸いたくなり挫折

 

このように、過去何度かいいところまでいくものの、禁煙に失敗してきた筆者です。

 

ニコレスを使って脱タバコに成功したポイント

禁煙に成功した方法は「アイコス」を「ニコレス」に変えただけです。

 

禁煙に成功したポイントは以下の通りかなと分析しています。

 

禁煙に成功したポイント5点
①ニコチンを吸う手順はアイコスとまったく同じなので違和感なし
②最初の3日間ぐらいはすこしキツイ
③自分に合う味を見つければ成功率アップ
④1日の本数は制限しない
⑤禁煙したかったのではなく、ニコチン依存症から抜け出したかった

 

一つずつ解説していきます。

 

①アイコスを吸うのと手順が まったく同じなので違和感なし

ニコレスの使い方は、アイコスとまったく同じです。

煙の量もそれほど変わらないと思います。

 

ここが最大のポイントですが、

 

アイコスとまったく同じように使えるので、禁煙している感覚がありません。

 

なので、「ガマンしている」とか「耐えている」感じにならないので、ムリなく続けられた感があります。

 

オススメの順番としては、紙巻きタバコからいきなりニコレスにいくよりも、
「アイコス➜ニコレス」の順番にした方が、違和感がないので成功率はアップするでしょう。

 

②最初の3日間ぐらいはすこしキツイ

いくらアイコスと比べて違和感がないと言っても、ニコチンは入っていないので最初の3日間はすこしキツかったです。

禁断症状が出るので、1日に吸う本数もアイコスより少し多くなりました。

 

人にもよりますが、3日を過ぎたあたりからニコチンによる禁断症状はなくなっていきます。

ですので、「最初の3日はとくに辛抱」ということは覚えておきましょう。

 

③自分に合う味を見つければ成功率アップ

ニコレスには現在5種類があります。

 

私はもともとメンソールではない普通のタバコを吸っていましたが、わりとすぐに馴染めました。

 

最初は自分に合う種類を探すために、少量を買っていろいろ試してみましょう。

 

ちなみに私は「レモンメンソール」を吸っていますが、悪いレビューが多いので無くならいかすこし不安です。

④1日の本数は制限しない

私の場合1日に吸う本数は制限しなくても、自然と減っていきました。

 

ニコレスに変えた当初は、アイコスの頃と同程度で月に2カートンほど。

それが段々と1ヶ月で1カートン半➜1カートンと少なくなりました。

ニコレスに変えて6ヶ月たった今では、1ヶ月で8箱程度になりました。

 

金額的には、

 

アイコス時代:月11,000円 ➜ ニコレス:月約3,000円

 

になりました。

 

お小遣い戦士の私にはとても助かっています。

 

⑤禁煙したかったのではなく、ニコチン依存症から抜け出したかった

これまで禁煙で失敗した理由は、

 

  • 食後の一服
  • 運転中の一服
  • ぼーっとできる一服

 

など、禁煙したい一方でタバコを辞めたくないと思っていたことも多くあったからです。

 

禁煙ではなくニコレスに変えて脱タバコにしたことで、うまい落とし所を見つけられました。

 

ニコレスのいいところ
・タバコを吸ってる気になれる
・一服する時間は残せる
・体への影響はタバコより少ない(はず)
・タバコ代を抑えることができる

 

体への影響はアイコス同様で断定はできませんが、自分で納得のいく一服方法に落ち着くことができたので、脱タバコに成功したと思っています。

 

ニコレスの少し残念なところ

ここまでニコレスのいいところを紹介してきましたが、完璧ではありません。

私が半年以上使って少し残念に思ったところも紹介しておきます。

 

ニコレスの少し残念なところ
①安くはない
②喫煙所じゃないと吸いづらい
③デバイスから外すときにボロッと葉っぱがこぼれることがある

 

気になるのはこの3点です。

 

たばこ税がかからないので、もっと安くてもいいはずなのに類似品も含めて似たような値段設定です。

吸う本数は減るのでトータルで満足していますが、もうすこし安くなればありがたいです。

 

また、ニコチンが入っていないとはいえ、見た目は完全に普通のタバコなので喫煙所以外では実質吸えません。

 

最後に気になるのは、吸い終わったあとデバイスから外すときに葉っぱだけボロっと落ちたことが何度かあります。

アイコスより葉っぱがギュッと詰まってない感じがあるのでしょうがないですが、たまに落ちるとムダな労力を使うのにがっかりします。

 

以上、いくつかニコレスの気になるところもありますが、トータルでは満足しているので私は使用を続けています。

 

ニコレスをオススメできる人

ここではニコレスをオススメできる人の特徴を紹介します。

 

アイコスに似たニコレス。1箱あたりではめちゃくちゃ安いわけではないニコレス。

そんなニコレスに合うのはどんな人でしょうか。まとめてみました。

 

ニコレスをオススメできる人は以下のような人です。

 

ニコレスをオススメできる人
①一服する習慣は残したい
②一服したいけど、安く抑えたい
③とにかく禁煙したい

 

ここも一つずつ解説していきます。

 

オススメできる人①一服する習慣は残したい

タバコは辞めたいけど、

 

  • 食後の一服
  • タバコミュニケーション
  • 一人で煙をくゆらせる時間

 

などが好きな人もいると思います。

 

かくいう私もそうでした。

 

体に悪いし、お金もかかるからタバコはやめたい。
けど、1人でぼーっとタバコをふかすのは好き。

 

ニコレスに変えたことでこれらの願いが実現できました。

 

一服=タバコを吸う ➜ ニコレスを吸う

 

にすることで、タバコをニコレスに置き換えニコチン依存から脱することができます。

 

オススメできる人②一服したいけど、安く抑えたい

ニコレスは一箱413円で、クーポンや定期購入を利用すればさらに安く購入できます。

 

私の場合は、ニコレスに変えた当初こそアイコスと同じぐらい吸っていましたが、日に日に吸う本数は減っています。

なぜならニコレスにはニコチンが入ってないので、肉体的な依存がないからです。

 

なので吸わされてるのではなく、吸いたいときに吸うだけです。

 

具体的に言うと、真夏の暑い日や真冬の寒い日など普通なら外に行きたくないときでも、タバコなら吸いに行ってしまいますよね。

 

それが、ニコレスに変えるとに肉体的依存がなくなってるので、

「もうべつにいいや」となります。

 

私の場合、休みの日などは1本も吸わない日もでてきました。

 

価格も安く、本数も抑えられるのでニコレスに変えてタバコ代を抑えましょう。

 

オススメできる人③とにかく禁煙したい

自力で禁煙を達成するのはなかなか難しいです。

ですので、禁煙外来や禁煙セラピーなどの本、電子タバコもうまく利用することをオススメします。

 

たくさんある禁煙グッズの中でもニコレスは「タバコを吸う習慣」を残せるのがいいところです。

まずは肉体的な依存から脱却して、少しずつ習慣的な依存から脱却を図っていくのも一つの手です。

 

とりあえずニコレスを試してみては?

ニコレスは1箱418円からコンビニでも買うことができます。

 

一大決心をしてニコレスで禁煙を始めるのもいいですが、
「どんなもんかな」ぐらいの軽い気持ちでニコレスを試してみるのもいいですね。

 

禁煙に成功すれば儲けものですし、失敗したとしても1箱分の金額で済みます。

 

リスクに対して得られるリターンは大きいです。

 

みなさんもまずは一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事