書評「ユダヤ人大富豪の教え」〜読んでなければ読みなはれ〜

・お金持ちになりたい
・お金持ちの考えや行動パターンを知りたい
・「ユダヤ人大富豪の教え」のレビューを知りたい

 

この記事ではこうしたお悩みを解決していきます〜。

 

この記事を書いている私は、自由とお金を求めて日々もがいている30代2児の父です。

短い間ですがよろしくお願いしまっす。

 

さて早速ですが「ユダヤ人大富豪の教え」を読んで得られるものは以下のとおりです。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」から得られるもの
・お金持ちになる為の行動や考え方が分かる
・金言の嵐
・自分史上最強の自己啓発本(「7つの習慣」越え)

 

もうね、刺さりまくりました。

「あ、そりゃ今の自分はお金持ちじゃないよな」と納得できたし、自分の中のギアを入れ直すことができた感じです。

 

お金持ちになりたい人、お金持ちの考えを知りたい人、自由な時間を増やしたい人、自分を変えたいと切望している人、オススメの自己啓発本教えて〜な人、面白い本を読みたい人...

 

上記の全員に「ユダヤ人大富豪の教え」オススメできます。

物語としても面白いしね。

 

この記事では、悩める30代のおっさんに刺さったポイントを5箇所に厳選して(厳選するの大変だった...)紹介しています。

 

少しでも気になる人は読み進めてみてくださいね〜。

 

スポンサーリンク

「ユダヤ人大富豪の教え」基本情報


 

まずは「ユダヤ人大富豪の教え」の基本情報となる、筆者の情報と目次を紹介しておきます。

 

 

著者のプロフィール

本田健

作家。神戸生まれ。経営コンサルタント、投資家を経て、29歳で育児セミリタイヤ生活に入る。4年の育児生活ののち、執筆活動をスタート。人気YouTube番組「本田健の人生相談~Dear Ken~」は4700万ダウンロードを記録する。毎月980円で本田健書き下ろしの1冊が読める「本田健書店」が2020年からスタートしたほか、大好きなことをやっていきたい仲間が集まる「本田健オンラインサロン」も好評を博している。

著書は『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(ともに大和書房)、『きっと、よくなる!』(サンマーク出版)など200冊以上、著書累計は800万部を突破。2019年には初の英語での書き下ろしの著作『happy money』を刊行、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ロシアなど世界40カ国以上で発売されている。

 

「育児セミリアタイヤ」なる言葉を初めて目にしました。

とにかく多くのベストセラー本を世に出し、YouTubeも大人気、そんな本田健さんが執筆された本です。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」目次

「ユダヤ人大富豪の教え」目次
プロローグ 衝撃的な出会いと最初の試練
第1の秘訣 社会の成り立ちを知る
第2の秘訣 自分を知り、大好きなことをやる
第3の秘訣 ものや人を見る目を養い、直観力を高める
第4の秘訣 思考と感情の力を知る
第5の秘訣 セールスの達人になる
第6の秘訣 スピーチの天才になる
第7の秘訣 人脈を使いこなす
第8の秘訣 お金の法則を学ぶ
第9の秘訣 自分のビジネスをもつ
第10の秘訣 アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする
第11の秘訣 多くの人に気持ちよく助けてもらう
第12の秘訣 パートナーシップの力を知る
第13の秘訣 ミリオネア・メンタリティを身につける
第14の秘訣 勇気をもって決断し、情熱的に行動すること
第15の秘訣 失敗とうまくつき合う
第16の秘訣 夢を見ること
第17の秘訣 人生がもたらす、すべてを受け取る
エピローグ 最後の試練―ビジョン・クエスト

 

私の場合は目次読んだだけで、ワクワクが止まらなかったです。

早く読み進めたい!と素直に思った思い出。

 

「ユダヤ人大富豪の教え」抜粋ポイントとコメント

ここからは30代半ばにして、

 

「お金持ちになりたい!」
「自由が欲しい!!」

 

と、もがく私に刺さったポイントを抜粋して紹介していきますよー。

 

その人が真剣に人生を変えようと決めるまでは、何も変わらないのだよ

生半可な気持ちでは人生を変える事なんてできないんですよね。。。

人より少〜しがんばれば報われる、成果が表れると勘違いしていました。

 

実際は真剣に覚悟を決めなければ、人生を変えることができるような行動力は生まれません。

 

今まで大した努力もしてこなかった人間が、多少2、3年がんばったところで人生は変わらない。

 

人生を変えたいのであれば、真剣に、相当の行動量を伴わないといけない。

 

いや〜、ホントこの一文は私に突き刺さりました。

 

「お前はまだ、『真剣に』人生を変えたいとは思っていないのだ!!!」

 

と、叱咤激励していただいた気持ちでございます。

 

自分ではやっているつもりでも現実が変わっていないのは、「変えたい」と言う気持ちが弱小すぎるからかもしれませんね。

 

行動しているのに人生変わっていないと言う人は、今一度自分の覚悟のほどを確かめるべし!

 

男女関係でも、ビジネスでも、成功したければ、コミュニケーション能力を高めなさい。あまり知られていないが、コミュニケーションには二種類ある。自分の内面とのコミュニケーションと自分の外側とのコミュニケーションだ。

容姿が良ければ男女関係が上手くいく、とか。

スキルがあればビジネスで上手くいく、とか。

 

そうじゃないんですね。

 

どちらもある程度までは何とかなるかもしれないけど、成功と呼ばれるレベルまで持っていくにはコミュニケーション能力が重要になってくる。

 

考えてみれば当たり前なんですよね。

 

  • イケメン、美女でも会話が弾まない...
  • スキルはあるけど、コミュニケーション取るのに時間がかかりすぎる...

 

こうした場合、人は離れていくことが多い。。。

 

また、コミュニケーションと聞くと相手あってのことと思いがちだが、本書では自分の内面とのコミュニケーションもとても重要であると述べられています。

 

あなたは自分自身とのコミュニケーション取れていますか?

 

人とのコミュニケーションが苦手という人は、まずは自分の内面とのコミュニケーションから始めてみてもいいかもです。

 

感情のない人間が成功することは難しい。その人間の内にふつふつとした情熱の炎がないとダメだ。

私は自分の感情を表に出すのを恥ずかしいと思っているタイプでした。

厳しいけどこのままでは成功できない。。。

 

けど考えてみれば当たり前で、感情のない人間に心を動かされることはないんですよね。

それだと成功できるはずがない。。。

 

先に紹介した部分も、「感情」にリンクしてきます。

 

「真剣」であれば、「自分の内面とコミュニケーションが取れている」状態であれば、感情がないということはないはず。

 

行動は心から。

感情をぶつけよう。

 

(人と良好な関係を保つには)自分に正直になれれば、そんなに難しいことではない。自分らしくいられること、人の話をしっかり聞くこと、相手のことを大切に扱うこと、自分の本当の気持ちを相手に伝えることができれば、いいだろう。どういうときにでも、誠実に接することだ

見落としがちなポイントですが、自己犠牲的な姿勢では良好な関係はつくられない。

自分にも誠実であることが、人と良好な関係を築くポイントになる。

 

相手に合わせるだけではダメ。

自分の本当の気持ちを伝えることは、怖い。怖いけどやらないと本当の関係は築けないんだね。

 

自分にも相手にも誠実に生きる。

 

これを意識するだけでも、日々の言動が変わりそうですよね。

 

ある心理学者によると、人生で最大の恐怖は、死の恐怖よりも、成功することへの恐れだという。

よく分からないけど、なにか自分の行動にセーブをかけているものがあるように、ずっと感じておりました。

この一文を読んで、それは「成功することへの恐怖から来ていたものだ!」と、ひどく納得。

 

「成功するための覚悟」というより、「成功して人生が大きく変わってしまうことを受け入れる覚悟」が足りていなかった。

 

「成功したい」という欲望と「成功したくない」という恐怖のジレンマ。

人生で成功を納めるには「成功することへの恐怖」に打ち勝つ必要がある。

 

ヒトって、本当に現状維持が好きっすよね。

 

お金に、人生に迷ったら「ユダヤ人大富豪の教え」を。

さて、ここまで「ユダヤ人大富豪の教え」がめっちゃいい本でした、と紹介してきました。

 

最後に私に刺さったポイントをまとめておきます。

 

  • 真剣に人生を変えようと決めるまでは何も変わらない
  • 成功したければコミュニケーション能力を高めるべし
  • 感情のない人間が成功することは難しい
  • 人と良好な関係を保つには、自分の本当の気持ちを伝えることも必要。常に誠実に。
  • 人生で最大の恐怖は、成功することへの恐れ

 

金言ばかりですよね。

 

ここでは厳選に厳選を重ね5つに絞りましたが、最初に「ここ大事だよな〜」「またいいこと言ってる!」と挙げたポイントは30近くありました。

 

人によって刺さるポイントは異なると思うので、興味が出たらぜひ読んでみてくださいね。

 

文庫本なんで安いのもありがたポイントです。

 

この記事が「ユダヤ人大富豪の教え」を読むきっかけになり、結果的にあなたの人生にいい影響が出ればとても嬉しいです。

 

それでは。


スポンサーリンク
おすすめの記事