意味のない節約とは?〜節約のコツ・何から始めるべきかを解説〜

・意味のない節約とは?
・節約を続けるコツは?
・具体的な節約方法は?

 

この記事ではこうした疑問にお応えします。

 

私は現在毎月3万円の節約に成功している節約大好きサラリーマンです。

もともとかなりの浪費家で貯金0の期間が長くて困っていましたが、結婚を機に徐々に節約を始めてお金を貯めれるようになりました。

 

結論から言うと、意味のない節約とは「続かない節約」のことです。

さらに言うと、節約を継続させるには5つのコツがあります。

 

節約を続ける5つのコツ
①目標を具体的にする
②目標を共有する
③見栄をはらない
④大事にしているものにはお金を使う
⑤欲しいものがある時は、お金が溢れてから

 

上記の5つのコツを抑えつつ実践しているのは固定費の削減とスマホ決済による変動費の削減です。

 

私の節約の内訳はほとんどが固定費で、住居費や保険料、携帯料金、自動車の維持費などです。

さらにスマホ決済を使うことで、変動費もムリなく節約にすることに成功しています。

 

この記事では、節約を無理なく続けるための方法を解説しています。

自分は意味のない節約してるのでは?と不安な方や、毎月3万円の節約を続けるコツを知りたい方はぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

意味のない節約とは

繰り返しになりますが、続かない節約は意味がありません

3ヶ月節約をしても、4ヶ月目に無駄遣いをして節約をやめてしまったら何の意味もないですよね。

 

ではなぜ節約が続かないかと言うと、「ムリしている」または「我慢している」からです。

ムリをしたり、我慢したりする節約では必ずどこかで反動がきます。

 

節約のポイントは「節約してることを忘れるくらい、負荷をかけない」ことです。

そんなことできるの?と思うかもしれませんができます。大丈夫です。できます。

 

まず「節約は固定費から始めればOK」です。

 

固定費とは、住居費、保険料、通信費などですね。

これらを一度見直して、節約してしまえばその後は何もしなくてもお金が溜まっていきます。

何もしなくていいなら、負荷も掛からないですよね。

 

ただ、固定費の削減だけでは節約できる金額に限界があるのも事実なので、まずは節約のコツについて解説してきます。

 

意味のない節約を避ける5つのコツ

節約を続ける5つのコツを紹介します。

 

節約を続けるコツ
①目標を具体的にする
②目標を共有する
③見栄をはらない
④大事にしているものにはお金を使う
⑤欲しいものがある時は、お金が溢れてから

 

一つずつ解説していきますね。

 

①目標は具体的にする

大前提として、節約は手段に過ぎません。まず、目標を具体的にしましょう。

その際のポイントは「〇〇万円貯める」などの抽象的な目標ではなく、お金の使いみちを考えておくことです。

例えば、我が家の場合は「住宅ローンを10年で返す」「夫婦でセミリタイアする」です。

漠然と「年間100万円貯める」よりも、目標を具体的にすることによって、節約が成功した未来のイメージが湧いてモチベーションアップに繋がります。

 

②目標を共有する

目標が決まったら、必ず家族で共有しましょう。

この時に大事なのは目標だけ共有するのではなく、現在のキャッシュフロー(お金の流れ)や貯金額、ローン残高も共有しておくことです。

他人事ではなく、自分ごとにしてしまえば「やらされてる感」がなくなり、節約のストレスも溜まりにくくなります。

節約は一人では成功しません。

逆に家族の協力があれば、効果はどんどん大きくなります。

 

 

③見栄をはらない

高級な車、高級な時計、ブランドもの、世の中には欲しいと思うものがたくさんありますよね。

けど、それ本当に必要ですか?

自分のためではなく、見栄を張るために買おうとしていませんか?

買ったものが誰からも称賛されなかったり、注目されなくても欲しいものですか?

 

特に時計や洋服は金額もピンキリですが、実際の機能性を考えるとそこまでの差はないですよね。

 

「自分のために必要なものだけ買う」のが、節約の基本です。

見栄をなくすと、驚くほどお金が貯まるようになります。

 

④大事にしているものにはお金を使う

ムダなものを買ったり、見栄のためにモノを買うのはNGですが、自分が本当に価値を感じるものにはお金を使うべきです。

 

例えば仲間と飲みに行ったり、喫茶店やカフェで過ごしたり、映画館で映画を見たりすることが大好きな人もいますよね。

これらも節約しようと思えば、スーパーで買ったお酒やコーヒーを家で飲んだり、映画も少し待っていればレンタルになるし、節約しようと思えばできます。

ただ、お店で仲間と飲むことや、喫茶店の雰囲気、映画館の大画面や音響に価格以上の価値を感じていれば全然問題ありません。

 

好きなことにお金を使うことは、適度な範囲ならOKです。

すべてを切り詰める節約は絶対に続きません。

 

⑤欲しいものがある時は、お金が溢れてから

映画「マルサの女」のコップの水の話はご存知でしょうか。

簡単に短く説明します。

 

コップの上に水がポタポタとこぼれている状況を想像してください。

 

お金が貯まらない人は、コップに水が半分溜まったら飲んでいる。

お金持ちは、コップに水がいっぱいになって溢れてくるものを舐めている。

 

こういうイメージなんです。すごく分かりやすいですよね。

欲しいものがあるときは、コップから水が溢れるまで我慢しましょう。

 

節約のコツを抑えて固定費の削減とスマホ決済を始めよう

それでは実際に節約を始めていきましょう。

まずは以下の2つをやっていけば大丈夫です。

 

節約はここから始めよう
①固定費の削減
②スマホ決済、ポイ活

 

一つずつ解説していきます。

 

①固定費の削減

節約するなら、まずは固定費の削減から手を付けましょう。

理由は、節約できる金額が大きく、持続性があるからです。

 

固定費というのは毎月決まって支払う費用のこと。

例えば、住居費、保険料、通信費などがあげられます。

 

このなかで取り掛かるなら、まずは通信費(携帯料金・ネット)からがオススメです。

なぜなら住居費は新築や引っ越しのタイミングのタイミングでないと、かえって費用がかかる場合があります。

保険料も見直すべきですが、少し勉強して知識をつけてからの方がいいでしょう。

 

携帯料金であれば、キャリア(docomo、au、SoftBank)を使っている方なら、いわゆる格安スマホに変えるだけで大きく節約できます。

実際私も夫婦で格安スマホに乗換えただけで、年間10万円以上の節約に成功しています。

 

以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

②スマホ決済、ポイ活

変動費である食費や光熱費の節約は、まずは無駄遣いに気をつけましょう。

 

・冷蔵庫の中身をスッキリさせ、在庫が分かるようにしておく
・電気のつけっぱなしや、水の出しっぱなしをしない

 

節約と言うと「少しでも安いものを求めて遠くのスーパーへ」というイメージがあるかもしれませんが、節約できる金額も小さいですし時間ももったいないです。

また、「エアコンをこまめに消す」というのも暑さや寒さが原因で病気になったら、病院代や薬代で余計にお金がかかる可能性もあります。

 

ですので、

 

・普段の買い物でスマホ決済やクレジットカードを利用してポイントを貯める
・公共料金をクレジットカードで引き落としにしてポイントを貯める

 

これで十分です。

 

ただし、カードを使うと現金が減らないので金銭感覚が麻痺する場合もあります。

何度も言いますが「ムダなものは絶対に買わない」ようにしましょう。

 

ちなみにスマホ決済でオススメなのは、使える店が多いPayPayです。

PayPayに関しては以下の記事も参考にどうぞ。

 

 

節約のコツを掴んで、お金が増える好循環を作ろう

どんなにお金を稼げるようになっても、それに比例してお金を消費してしまってはお金は貯まりません。

 

まずは、固定費の節約から始めてお金が貯まる実感を得ましょう。

そうすると、お金の本当の価値が分かってきます。

すると無駄遣いが自然となくなります。

余ったお金を投資に回したりすれば、お金はさらに増えていきます。

好循環ですね。

 

まずはできることから、ストレスがかからないように始めて、継続するようにしてみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事