日常の節約を一挙紹介〜できることしかやらないズボラな筆者監修〜

・日常の節約でオススメを知りたい
・日常できる節約を知りたい

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、共働きの妻と3歳男の子と3人暮らしをしています。

家を建てる前は年間150万円の貯金に成功。いまは住宅ローンを8年以内に完済すべく奮闘中です。

 

本記事の内容
・日常の節約でオススメできるもの
・日常の節約でそこまでオススメできないもの
・日常の節約を一挙紹介

 

 

日常の節約のポイントはツイートのとおりです。

 

日常の節約にはたくさんの種類があり、そのなかでも自分に合うもの合わないもの出てきます。

 

この記事では、ズボラな筆者が判断したオススメできる・できない節約を紹介しています。

 

また日常の節約を一挙に紹介(100以上!)しているので、自分で選びたい!という人は、

ぜひじっくりと読み進めてみてください。

 

この記事を読んで日常の節約を取り入れ、

自分に負担のかからない自然体でできる節約をマスターしちゃいましょう。

 

スポンサーリンク

オススメできる・できない日常の節約3選

ズボラな私でも実践できていて、効果の高い、オススメできる節約法を紹介します。

 

また、反対に節約としては正しい面もあるけれど、ズボラな私は実践できなかった、

あまりオススメもできない節約もあわせて紹介します。

 

節約はやろうと思えば、とことん追求できますが、自分に合わないものだと間違いなく続きません。

 

私の独断と偏見ですが参考にしてください。

 

 

オススメできる日常の節約3選
1位:格安スマホ、ネットの見直し
2位:必要なものだけ買う
3位:水筒持参

 

1位にあげたスマホやネットの通信費は、

今までと同じように使いながら大幅に節約できる可能性があります。

 

節約は通信費からがオススメです。

 

つぎに「必要なものだけ買う」と実にシンプルな方法ですが、意外とムダにお金を使っているものは多いのもの。

気になる人は家計簿をつけたり、普段のお金の使い方をよく振り返ってみましょう。

 

オススメの節約3位は「水筒持参」です。

 

コンビニや自販機で毎日のように飲み物を買っていると、1年間ではとんでもない金額になります。

 

せめてスーパーやドラッグストアで購入したり、理想はやはり水筒持参です。

お茶パックからお茶を作れば、その節約効果は計り知れません。

 

 

あまりオススメできない節約3選
1位:特売品ばかり買う
2位:待機電力を減らす
3位:ランニングコストを下げる

 

一見すると特売品を買うことは節約に繋がりそうですよね。

食品であっても、洋服であっても特売になるものは欲しくなるのがニンゲンです。

 

ですが、安いからとテンションが上って購入したものの、

実際は使わなかったり、使いきれなかったり、満足できなかったりと、結局ムダになってしまうことも多いです。

 

「必要なものだけ買う」を徹底しましょう。

 

つぎに「待機電力を減らす」ですが、節約をする上で大事なことではあります。

ですが、優先順位としてはまず先に電力会社や契約アンペア、プランの見直しの方が先です。

 

ズボラな私には、とても毎回待機電力をなくすためにスイッチのオン・オフをすることができません。。。

 

最後に、「ランニングコストを下げる」です。

これも一見すると良さそうですが、ときと場合によります。

 

  • 消費電力の少ない冷蔵庫やエアコン
  • LEDに交換
  • 燃費の良い車に買い替え

など

 

もちろん、これらをやった方が地球には優しいです。

 

ですが節約という視点から見ると、購入するコストがすっぽり抜け落ちてしまう人がいます。

ランニングコストだけでなく、購入コストも含めたトータルの費用で考えるようにしましょう。

 

ランニングコストを下げるのは、それまで使っていたものが壊れて買い換えるときで大丈夫です。

 

日常の節約を一挙紹介〜オススメできる節約・できない節約〜

日常生活でできる節約はたくさんありますが、

ズボラな私がやっている、やってみたい、オススメできる節約術を紹介していきます。

 

節約は続かないと意味がありません。

 

わたしはストレスが溜まらず無意識にできるぐらい、日常に浸透するのがいい節約だと考えています。

 

そこで今回は完全なる私の独断と偏見で、

日常生活の「自分がやってる、やってみたい、おすすめできる日常の節約」と、

「自分はやっていない、がんばる気もない、オススメできない節約」に分けて紹介していきます。

 

筆者がやってる・やってみたい・オススメできる日常の節約

私が日常生活で実際にやっている節約、いまはやってないけどこれからやってみたい節約、

人にもオススメできる節約を紹介します。

 

【日常のオススメ節約① 買い物編】

 

日常のオススメ節約① 買い物編
・大きい買い物は普段の100倍慎重に
・ローンはなるべく組まない
・必要なものだけ買う
・お酒、タバコを控える
・コンビニにを避ける
・買い物に毎日行かない
・まとめ買いする
・買うものをホワイトボードにメモ、写メ
・ドラッグストア、ネットスーパー、プライベートブランドの利用
・必要なものが見切り品になっていれば、買う
・いいものを安く買う
・レジに並ぶ前にカゴの中身をチェック
・空腹時の買い物は避ける
・使い切れない野菜を出さない
・使い回しができる食材を買う
・マイルやポイントを貯める
・アマゾンで古本を買う

 

大きい買い物は普段の100倍慎重に

毎日の買い物を節約するのも大事ですが、家や車など大きな買い物のときに慎重に慎重を重ねるのは本当に大事です。

 

大きな買い物のときは、テンションが上がったり、「後悔したくない!」という思いから、ついつい必要以上にグレードアップしてしまいます。

 

  • そんなに部屋や設備がいるのか?
  • 軽自動車じゃダメなのか?
  • そもそもナビいる?

 

などのように、冷静に考える必要があります。

 

大きな買い物のときに、節約できる金額は数万円〜数百万円になりますよね。

 

慎重に慎重を重ねましょう。

 

ローンはなるべく組まない

資金に余裕があるなかで、計画的にローンを借りる分は問題ありません。

 

家を購入したり、建てたりする場合は、どうしてもローンが必要になる人が多いと思います。

ですが、35年の住宅ローンを組むのはオススメできません。

 

せめて10年から15年で返せる目処が立つといいです。

 

持ち家はメリットばかりではありませんし、今の日本で35年間同じ給料、順調に昇給していくかは分かりません。

 

そのあたりもよく考慮しておくできです。

 

私の場合は、最後の最後まで一生賃貸と悩みました。

 

必要なものだけ買う

節約の基本、「ムダなものは買わない」。

 

実はこれがちゃんとできるだけでも、お金は貯まります。

 

日々忘れないようしないといけませんね。

 

お酒、タバコを控える

お酒もタバコも年々税金が上がってますよね。

 

控えるに越したことはありませんが、

ムリな人は数を減らしたり、発泡酒や第3のビールなどを試してみるのもありです。

 

また、家計ではなくお小遣いから出すようにすると、家計にはノーダメージなのでオススメです。

 

コンビニにを避ける

コンビニって便利で楽しいですよね。

ついつい買いたいと思えるのもが、3つ4つあるのは当たり前です。

 

コンビニに行くたびになにか買っちゃうという人も多いはず。

 

コンビニは便利ですが、節約の大敵です。

「君子危うきに近寄らず」でいきましょう。

 

毎日買い物に行かない

買い物には毎日行くという人も多いかもしれません。


節約するためには、買い物の数を減らすのは重要です。

 

  • 買い物で無駄な買い物は絶対にしない!
  • したことがない!

 

と自信のある人はいいですが、必要ないものを買ってしまうリスクを避けるのも節約に繋がります。

 

まとめ買いする

買い物の回数を減らすために、週末などにまとめ買いしておきましょう。

 

週の途中でパンやヨーグルトなど賞味期限の短いものや、不足したものがあれば、それだけを買いにいけばOKです。

 

平日のほうが時間がないので、買い物時間が短い=不要なものを買うリスクが下がります。

 

 

買うものをホワイトボードにメモ、写メ

生活している中で、「コレ買わなきゃ」というのがでてきたらホワイトボードに記入しておきましょう。

 

ホワイトボードは100均に売ってある、小さいやつで冷蔵庫にくっつけることができます。

買い物に行く前に写真を取っていけば、買わなきゃいけないものを簡単に把握できます。

 

ドラッグストア、ネットスーパー、プライベートブランドの利用

ドラッグストアは私もよく利用しています。スーパーよりもよく行きます。

 

さらにネットスーパーやプライベートブランドはうまく利用すれば節約につながるので、これから徐々に利用していきたいところです。

 

必要なものが見切り品になってれば、買う

最初から買う予定だったものが「見切り品」になっていた場合は、見切り品を買います。

「見切り品」だから買うという決まりにすると、必要ないものも買ってしまうから注意しておきましょう。

 

いいものを安く買う

「いいものを安く買う」、これができれば1番いいですよね。

 

ただ「いいものを安く買う」って言うのは簡単なんですけど、実行するのはけっこう難しいです。

 

普通「いいものは高い」ですし、安いからと飛びついたら「安物買いの銭失い」になることも...。

 

多くの情報に触れて、価値を見極める眼力を鍛えましょう。

 

レジに並ぶ前にカゴをチェック

レジに並ぶ前に、もう1回カゴの中身をチエックしましょう。

不要なモノを買うのを防いでくれる効果があります。

 

  • なんでこれ買ったんだっけ?
  • そういえば、これ買ったなぁ...。

 

というのをなくせば、地味に節約につながります。

 

空腹時の買い物を避ける

お腹が空いてる時に買い物に行くと、ついつい余計に食料を買いがちです。

私も頭では分かっていても、休日の昼食前に買い物に行くことが多いので、改善していきたいと思います。

 

使い切れない野菜をどうする?

野菜もをすべて使いきれず捨ててしまうことがありませんか?

わが家でもあります...。

 

対策としては、

 

  • 料理のレパートリーを増やす
  • カレーや鍋に使う
  • 少量を買う

 

などがありますが、3歳児のいるわが家ではなかなか対策がうまくハマらないため、

最近では、最低限しか野菜を買わないようにしています。

 

使い回しができる食材を買う

わが家でよく買う食材は、

 

  • ひき肉
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも
  • 人参
  • とりムネ肉

 

ぐらいです。

 

これらならなんとか使いきれます。

 

あとはピンポイントでミニマムな量を買っています。

 

マイルやポイントを貯める

お金を使うときはなるべくポイントを溜めた方がお得ですよね。

 

注意点としては、

 

  • ポイントを貯めることを目的にしない
  • すぐ使っちゃう

 

ポイントは貯まると快感なので、ついついそれほど必要ないものも買ってしまうことがあります。

 

が、それは本末転倒です。 

ムダなものを買わずにポイントを貯めましよう。

 

ですがムダなものを買わないと、それほどポイントは貯まらないと思います。

そのため「ある程度ポイントが貯まってから...」と思っているとポイントが失効になることがあります。

 

1円単位で端数を揃えるために、など、どんどん使っちゃいましょう。

 

アマゾンで古本を買う

今まで古本を探すときは、メルカリやラクマでしか見てなかったので、Amazonは盲点でした。

 

送料入れても安くなる可能性があるので、要チェックですね。

 

余談ですが、わたしはKindleUnlimitedに入っています。

新刊が少ないのが惜しいですが、月額980円は余裕で元が取れます。

気になる人は1ヶ月の無料体験もできるので試してみてはいかがでしょうか。

 

【日常のオススメ節約② 食事編】

 

日常のオススメ節約② 食事編
・アルコールを減らす、発泡酒や第3のビールの検討
・外食を控える
・外食の上限金額・回数を決める
・飲み会に行く回数を減らす
・家飲みする
・買い物の前に1週間分のメニューを考える
・野菜を育てる
・もやし活用
・使い切る
・食材を小分けにする

 

アルコールを減らす、発泡酒や第3のビールの検討

アルコールは毎日飲むと高くつきますよね。

 

2日に1回にするとか、ビールの場合、発泡酒や第3のビールにするなど試してみるといいですね。

年々第3のビールおいしくなってると思います。

 

ほかには「コーラ 」や「強めの炭酸水」などもハマる人にはハマります

なんでもいいので、試してみるのオススメです。

 

大切なのは、

「自分は毎日ビールを飲まないと満足できないんだ!」

という思い込みをなくすことです。

 

外食を控える

外食に行くとどうしても、お金ががかかります。

前々から計画していたものなら全然いいと思いますが、

 

  • 仕事で遅くなったから
  • 今日は作りたくないから
  • 何もしたくないから

 

などの場合は、外食に行く前に家で簡単に済ませる方法を用意しておきましょう。

レトルトや冷凍食品でもいいですし、朝、ご飯だけセットしておかずだけ買ってくるなど、何かしら節約はできます。

 

外食の上限金額・回数を決める

付き合いでランチなど外食に行く場合は、上限を決めておくといいですね。

上限額や上限回数を決めないと、他の節約分が吹き飛んでしまいます。

 

飲み会に行く回数を減らす

飲み会1回の破壊力は凄いですよね。。。

毎日弁当や水筒を持ってきても飲み会1回で吹き飛んでしまいます。

 

二次会、三次会まで行っては大赤字です。

 

ホントに楽しみなものであれば、問題ないのですが、

仕事関係の付き合いで仕方なく...というのはなるべく断りましょう。

 

  • 行くのは3回に1回にする
  • 二次会には何があっても行かない

 

などのように、「飲み会好きじゃないんですキャラ」を定着させましょう。

自然と誘われる回数も減ります。

 

家飲みする

友人や恋人、家族とお酒を飲む場合も、毎度外に飲みに出かけるとお金がかかりますよね。

なるべく家飲みを増やすことで節約につながります。

 

私は大学生のとき、ほとんと家飲みでした。

 

買い物の前に1週間分のメニューを考える

買い物に行く前に、1週間分のメニューを先に考えましょう。

 

メリットは、

 

  • 買うものが決まるので不要なモノを買う確率が下がる
  • 「今日のご飯何にしよう...」がなくなる

 

など、いい事ずくしです。

 

野菜を育てる

「野菜を育てる」は、まだ私もやっていませんが試してみたいもののひとつです。

 

子どもと一緒にミニトマトやネギを育てたいなと思っています。

節約と教育、どちらもできるのがいいですよね。

 

もやし活用

節約の4番バッター、もやし。

 

わが家では、焼きそばやお好み焼き、サラダなど大活躍です。

 

注意点は賞味期限が短いので、

 

  • 買いすぎない
  • 早めに使う

 

ことです。

 

ですので1週間のメニューを作るときに、もやしを使う料理は早めに持ってきましょう。

 

使い切る

食材に限らず、なんでも使い切ることが節約になります。

ですので、新しい商品や食材を試すときは少量から試すのがいいです。

 

安いからと大容量のものを買うと、結果として使い切れず損してしまう可能性があります。

 

食材を小分けにする

わが家で食材を小分けしているのは、とりムネ肉とご飯ぐらいです。

 

とりは1キロのものを買うと、3つに分かれているのでそれをフリーザーパックに入れて冷凍します。

 

余ったご飯はラップで包んでフリーザーパックに入れて冷凍しています。

あと一杯だけご飯が食べたい...ときなんかに役立ちます。

 

また、食材を小分けにして冷凍するよりも、最初から冷凍の野菜やミンチなどを買ったほうが管理が楽です。

 

ほうれん草や、コーン、ミックスベジタブルなどは常に冷凍のものをストックしています。

 

【日常のオススメ節約術③ 水道・光熱費編】

 

日常のオススメ節約術③ 水道・光熱費編
・公共料金、スマホはクレカ支払いでポイントゲット
・電力プラン、契約アンペアの見直し
・トイレの大と小を分ける
・エアコンのフィルター掃除
・シャワーヘッドを節水タイプに
・LED
・食器を洗う前に汚れを拭き取る
・ご飯は冷ましてから冷凍する
・冬は厚着でエアコンの温度を下げる

 

公共料金、スマホはクレカ支払いでポイントゲット

公共料金やスマホなど、家計の費用になっているものは一つのクレジットカードから引き落としをするとポイントが貯まりやすくなります。

 

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、1回やればそのあとは放置でいいので早めに設定しておきましょう。

 

電力プラン、契約アンペアの見直し

コンセントを抜いたり、待機電力を節約するよりも先に、電力会社や電力プラン、契約アンペアの見直しをしましょう。

 

電気の使い方などを入力するだけで、おすすめの会社やプランを教えてくれるサイトがありますし、変更契約自体も意外と簡単で楽ですよ。

 

トイレの大と小を分ける

水の使用量で意外と多いのがトイレです。

 

毎回「大」で流している人は、「大」と「小」を使い分けるようにしましょう。

トイレの水位が調整できるタイプの場合は、そちらもやっておくと節約になります。

 

エアコンのフィルター掃除

電力会社のサイトによると、エアコンフィルターの掃除は2週間に1回を推奨していました。

 

エアコンの効き具合に直結するので、フィルター掃除は面倒でもマメにやっておきましょう。

 

シャワーヘッドを節水タイプに

シャワーヘッドを節水タイプにすることは、私も現時点ではやっていません。

水圧が弱くなるのが気になるので...

 

ですが調べてみると、思いのほか効果も高いようなので、やってみたいと考えています。

 

まずは自分のお小遣いから身銭を切ります。(こういうとこ大事です)

効果と水圧に満足できたら、家計から補填してもらいます。

 

夫や妻がこうした節約に乗り気でない場合は、率先してやってみるのも大事です。

 

LED

LEDも調べていると、節約効果が高そうなので、今度買い換えるときは少し高くてもLEDにしようと思っています。

 

いまあるものを全部取り替えるのはもったいないですし、元を取るまでに時間がかかるので考えていません。

 

食器を洗う前に汚れを拭き取る

油を使った料理や、カレー、ハヤシライスなど、すべてを水でキレイにしようとすると大量の水が必要になります。

スポンジもすぐ汚れますしね。。。

 

まずは汚れを拭き取って(できれば古新聞など捨てるもの)から洗うと節水につながります。

食器洗いにかかる時間もトータルでは短くなるのでオススメです。

 

ご飯は冷ましてから冷凍する

ご飯を冷凍保存する場合は、暑いまま入れてしまうと余計に電力も必要ですし、周りの食材への影響も気になります。

2ステップになってはしまいますが、一度冷ましてから冷凍庫に入れうようにしましょう。

 

冬は厚着でエアコンの温度を下げる

わたしは、エアコンをガンガンに効かせて毛布に包まるのが好きなタイプですが、節約のためにはダメですね。。。

 

冬場もヒートテックなどゴワゴワしないやつなら負担にもならないので、

地球にも家計にも優しいエアコンの使い方をしていきたいと思います。(決意)

 

【日常のオススメ節約術④ ムダ遣い減らす編】

 

日常のオススメ節約術④ ムダ遣い減らす編
・水筒持参
・お弁当を作る
・折りたたみ傘を持ち歩く
・惰性で買っている漫画や雑誌をやめる
・冷蔵庫の中を整理する
・ストックする数を決めておく
・持ち歩くカードを厳選しておく
・あまり使わないカードは家に置いておく
・冷蔵庫の扉にレシートで在庫管理
・財布にお金をたくさん入れない
・余分なお金は持たない

 

水筒持参

水筒持参は節約の第一歩ですね。

自販機やコンビニで毎日のように飲み物を買うのは本当にもったいないです。

 

ちょっとオシャレな水筒を買ってもすぐに元が取れるので、気分良く使えるものを選んで楽しく節約しましょう。

 

お弁当を作る

ランチ代も1ヶ月でみると大きな負担になります。

 

毎日作る必要もありませんし、わが家では夫婦で交代で作っています。

私(夫)が作るときは、冷凍食品と夕飯の残りがメインですが、毎日続かなければそんなに飽きません。

 

ストレスや体力などに考慮して、できる範囲でやっていきましょう。

 

折りたたみ傘を持ち歩く

家にコンビニで買ったビニール傘が大量にありませんか?

出先で雨が降り出すと、コンビニで買ったことがある人も多いはず。

 

これは本当にムダな出費なので折りたたみ傘は常に持ち歩くようにしておきましょう。

 

惰性で買っている漫画や雑誌をやめる

わたしは15年ぐらい週間少年ジャンプを買っていましたが、ついに卒業しました。

 

辞めてみるとそれほど影響もなく、気になる漫画はあとでレンタルで借りて読んでます。

部屋にモノも溢れないので快適です。

 

冷蔵庫の中を整理する

冷蔵庫のなかを整理していないと、ついつい忘れてしまう食材がでてきます。

 

賞味期限が切れてしまったり、ないと思い込んで新しく買ってしまったり、節約のためにひとつもいいことはありません。

 

食材によって冷蔵庫の中の定位置を決めておくなど、冷蔵庫の整理を心がけましよょう。

 

ストックする数を決めておく

トイレットペーパーや、ティッシュ、キッチンペーパーや油など、ストックしておく数を決めておきましょう。

 

ストックの数を決めておくことで、何個減ってるから何個買わなきゃという計算が簡単になります。

 

また、何個ストックしているか見やすく整理しておくのも重要です。

 

多く買ってしまうと、パントリーや備蓄場所がモノで溢れて、在庫管理が困難になります。

整理整頓も節約の大きなカギのひとつです。

 

持ち歩くカードを厳選しておく

持ち歩くカードは選抜メンバーだけにしましょう。

とくに、クレジットカードはたくさん持っていてもポイントが分散するだけです。

多くても2枚あれば十分でしょう。

 

また、ポイントカードが溢れている場合は、いざ使う時に見つかられないといったことも考えられます。

 

あまり使わないカードは家に置いておく

たまにしか行かないお店のポイントカードは、家のカードケースに入れておきましょう。

そのお店に行く時にカードケースごと持ち出せばいいので、手間もかかりません。

 

冷蔵庫の扉にレシートで在庫管理

冷蔵庫を管理するのに手間もかからず、いい方法ですね。

買ってきたレシートを冷蔵庫にマグネットで、つけておく。

 

食材を使い切ったら消していけば、冷蔵庫を開けて確認する必要がなくなります。

 

財布にお金をたくさん入れない

財布にお金をたくさん入れておくと、気が大きくなってムダな買い物をしてしまう恐れがあります。

逆に少額しかないと節約しようかな...という意識がはたらきやすいのでオススメです。

 

余分なお金は持たない

必要以上のお金を持つと、少し手を伸ばせば変えるものを買ってしまえる状況になるので、

余分なお金は持たないようにしています。

 

【日常のオススメ節約術⑤ 洋服編】 

 

日常のオススメ節約術⑤ 洋服編
・スーツの手入れ
・服を持ちすぎない
・同じ服を使い込んで買わない

 

スーツの手入れ

スーツを毎日着る人も多いと思います。

毎日着るということは、それだけ痛むのも早くなります。

 

毎日のブラッシングなどやっておきましょう。

私もズボラでまったくやっていなかったので、これからがんばります。

 

加えて、クリーニングから戻ってきたスーツはビニールをかけたままだと、

カビが生える原因になるので、ビニールから出して保管しましょう。

 

私もズボンを2着カビでダメにしたことがあるので、気をつけます。

 

服を持ちすぎない

必要以上に服を持ち過ぎないようにしましょう。

服をたくさん持っていても着れる回数にも限界があります。

 

1年間着ていなかった服を捨てると、自分に必要な服の数が分かります。

 

同じ服を使い込んで買わない

ブランドものの服などは長く着ることができるので、1着を長く大切に着ることで節約になります。

 

「買わない力」も節約の大きな武器の一つですね。

 

【日常のオススメ節約術⑥ 固定費編】

 

日常のオススメ節約術⑥ 固定費編
・格安SIM、モバイルwifiの検討
・保険の見直し
・家賃交渉や引っ越しを考える

 

格安SIM、モバイルwifiの検討

節約を始めるなら、まずはスマホからです。

キャリアから格安スマホやサブブランドに乗り換えれば、毎月かなり節約できます。

 

今は安くても電波が繋がりやすいものもあるので、まだキャリアを使っている人は1度検討してみましょう。

気に方は以下の記事も参考にどうぞ。

 

 

同じく家のネットも、モバイルwifiやスマホのテザリングで対応できないかなどを考えてみると、

毎月の固定費を減らすことができます。

 

保険の見直し

会社員の人は、国民健康保険に加入しているので、実は意外と保証が手厚いんです。

入院したときや、働くなけなくなった時の保証もあります。

 

ある程度の貯金ができたら保険の見直しを検討しましょう。

 

「いや、不安なので…」

 

という人は、お金の大学を1度読んでみてください。

考えるのはそれからでも遅くはありません。


家賃交渉や引っ越しを考える

住居費は固定費のなかでも、もっとも金額が大きいものだと思います。

 

賃貸であれば、家賃交渉や引越し、持ち家でローンが残っている場合は、借り換えなども考えてみましょう。

 

【日常のオススメ節約術⑦ その他】

 

日常のオススメ節約術⑦ その他
・ふるさと納税
・断捨離
・ATMの手数料
・なるべくお金のかからない趣味を持つ
・小銭貯金
・旅行は早めに予約する
・ジェネリック
・燃費効率のいい運転を心がける
・お金は揃えて丁寧に扱う

 

ふるさと納税

寄付先を自分で選ぶことで、寄付金が住民税や所得税の控除対象となる制度のことです。

 

実質2000円の手出しで、返礼品が貰えます。

実は私もまだやってないので、今年はチャレンジしてお米をGETしたいと思っています。

 

断捨離

ものを捨てると心もスッキリしますし、自分が何を持っているのか、何を必要としているのかが分かるようになります。

 

できる範囲からやってみましょう。

 

わたしもまず洋服の断捨離から始めましたが、

ムダな洋服(チャレンジ系、攻めてる系)の服はどうせ着ないと分かり、ムダが減りました。

 

ATMの手数料

コンビニのATMなどで、お金を下ろすと手数料を取られることがありますよね。

かなりもったいないです。

 

100円ぐらいなら...と思うかもしれませんが、その100円は何にもなりません。

 

手数料がかからない曜日、時間帯や、そもそもの金融機関を上手に選びましょう。

 

なるべくお金のかからない趣味を持つ

趣味にお金をかけると際限がなくなります。

時計や車など、いくらでもお金を使えちゃいますし、上を見ればキリがありません。

 

反対に読書、将棋、ゲームなどお金のかかりにくい趣味を選ぶこともできます。

色々試して見て、お金がかからずに楽しめる趣味を探しましょう。

 

さらに言うと、ブログやYouTubeなど副業を趣味にできればお金がかかるどころか、

上手く行けば稼げる可能性するあります。

 

副業を始めるなら、元手やランニングコストががかからないものから始めるのがオススメです。

 

小銭貯金

小銭が出たら貯金箱などに貯めていきましょう。

まさに塵も積もれば山となる、です。

 

たまったお金は貯金箱ごと銀行に持って行って通帳に入金すれば手数料もかかりません。

 

旅行は早めに予約する

旅行に行くのが決まったら、早めの行動がオススメです。

理由は「早割」で安くなるものが多いからです。

 

私は、めんどくさがってギリギリで予約をしてしまうので以後気をつけます。

 

ジェネリック

ジェネリックは平たく言うと、薬を安く購入できることです。

安い理由は後発でできた薬でお金があまりかかっていないから、だと思われます。

 

一言言うだけで、安くなるので忘れないようにしましょう。

 

燃費効率のいい運転を心がける

燃費効率の良い運転とは、急発進や急ブレーキをしない一定速度で走る運転や、アイドリングをしない運転のことです。

 

安全運転にもなり地球にも優しいので、私もなるべく意識して運転するようにしています。

 

お金は揃えて丁寧に扱う

お金を大事に扱うために、意識だけじゃなく、向きを揃えて入れるなどを実践しています。

 

 

筆者にはできなかった・がんばる気もない・オススメもしない日常の節約

節約は数あれど、自分には向いていないと思う節約もたくさんあります。

ここでは私ができていない、いまのところやるつもりもないので、オススメもしていない節約を紹介していきます。

 

【日常のそこまでオススメしない節約術① 買い物編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術① 買い物編
・特売品ばかり買う
・値下げ前の商品は買わない
・野菜の出費を抑える
・安いときにまとめ買い、調理して小分け冷凍保存
・金券ショップを利用する
・株主優待券を利用する
・リサイクルショップを利用
・クーポンの利用
・買い物は電卓で計算しながら
・今あるものを使い切ってから買う
・ネットオークションやフリマアプリで消費税を節約する
・スーパーに行く日にちと時間を決める
・買い物かごを聞き手で持つ
・どこでも値切る

 

特売品ばかり買う

特売品だからといって何でもかんでも買ってしまうと、必ず使えないものや使わないものが出てきます。

 

安くても「ムダなもの」を買うのは、節約になりません。

必要なものだけ買うようにしましょう。

 

値下げ前の商品は買わない

必要なものが値下げになっていれば、それを買うことで節約になります。

 

ですが私の場合は、値下げ後のタイミングで毎回買い物に行けないので、特に意識していません。

何回も買い物に行くほうが、手間もかかって疲れますし、車で行けばガソリン代もかかります。

 

わたしは、できる範囲の節約しかしないと決めているので、こうしたこだわりもとくにありません。

 

野菜の出費を抑える

野菜はタイミングによっては高騰しており高い出費になりますよね。

ですが、野菜を買うことをケチって栄養バランスが偏ってしまえば、カゼを引いてしまう可能性もあります。

 

そうなると、結局病院代のほうが高くついてしまうことも。。。

 

あまり、ケチケチせずに必要なものは買いましょう。

 

安いときにまとめ買い、調理して小分け冷凍保存

安いときにまとめ買いして、調理して小分けして冷凍保存すると半日ぐらいかかりますよね。

ちょっと面倒なので私はやっていません。

 

楽しんで取り組める人はどんどんやるべきだと思います。

 

金券ショップを利用する

金券ショップが近くにないのも理由の一つですが、

行っても目当てのものがあるとも限らないので、今のところやってみようとは思っていない節約法です。

 

株主優待券を利用する

株主優待券はうまく利用すれば節約になると思います。

外食やおもちゃ、洋服など頻繁に買う、利用するものは安く株主優待券を購入できればお得ですね。

 

わが家の場合は、そもそも外食、おもちゃ、洋服などを頻繁に買わないので、

株主優待券を買っても元が取れる自信がありません。

 

リサイクルショップを利用

家電などは中古では買いませんし、本や雑貨などはフリマアプリで購入しているので、リサイクルショップは利用していません。

使わず嫌いの可能性があるので、機会があれば行ってみます。たぶん。

 

クーポンの利用

娯楽施設に行くときや、外食するときにクーポンがあれば利用しますが、

クーポンを見てから行動を計画することはありません。

クーポンに支配されてしまうと、結果としてムダ遣いになる可能性があるからです。

 

買い物は電卓で計算しながら

計算しながら買い物をすることで、予算内に収める方法です。

 

私も頭で大体の計算はしますが、電卓までは使っていません。

予算を超えても必要なものは買わなければいけませんし、必要ないものは予算に余裕があっても買ってはいけません。

 

必要なものを、買うだけです。

 

今あるものを使い切ってから買う

次から次へと新しいものを買ってしまうと、必ずムダになるものがでてきます。

 

...ですが私の場合は買い忘れることがあるので、使い切るちょっと前には買うようにしています。

 

ネットオークションやフリマアプリで消費税を節約する

ネットオークションやフリマアプリで商品を購入すると消費税がかかりません。

私もネットオークションやフリマアプリは利用しますが、消費税節約が目的ではありません。

 

スーパーに行く日にちと時間を決める

スーパーに行く日にちと時間をあらかじめ決めておくことで、買い物の回数を減らして節約につながります。

 

ですが、わが家の場合は土日もランダムに仕事が入ったりするので、

スーパーには夫婦の手が空いてて予定が合うときにサッと行くようにしています。

 

買い物かごを利き手で持つ

買い物かごを聞き手持つことで、サッと商品に手が伸びるのを防ぐ効果があるそうです。

 

...効果はありそうですが、買い物のときはカートを利用しています。

 

どこでも値切る

噂ではデパートでも値切れることがあるらしいです。

 

ただ、モジモジくんの私は値切るのは家電量販店ぐらいです。

それも精一杯の勇気で交渉をします。

 

【日常のそこまでオススメしない節約術② 食事編】】

 

日常のそこまでオススメしない節約術② 食事編
・おかずを作り置きする
・料理スキルを上げる
・外食を一切しない
・食材はもらさず使用する

 

おかずを作り置きする

平日は夕食を作るだけで精一杯、休日も買い物だけで疲れちゃうので、作りおきはしていません。

 

ある程度の料理スキルも必要そうで、ちょっと手が出しづらいイメージもあります。

 

料理スキルを上げる

料理スキルを上げることは節約にもつながりますね。

 

  • 冷蔵庫の中の食材で臨機応変に料理を作る
  • 節約レシピを作る
  • 賞味期限がちかい商品をササッと丼にする
  • おやつやちょっとしたものも手作り

など

 

できるようにはなりたいと思っていま。

ただちょっと苦手意識もあり、あまり前向きには取り組んでいません。

 

外食を一切しない

外食は減らせば減らすほど節約になります。

 

ですが外食を一切しないことは、ちょっときついので、外食を減らすことに考えを集中しています。

 

食材はもらさず使用する

大根や人参は皮まで使う、など食材をフル活用することで節約につがります。

 

いまの私の力では、大根、人参の皮を美味しく料理して、食べれる勇気が今のところありません。

 

 

【日常のそこまでオススメしない節約術③ 水道・光熱費編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術③ 水道・光熱費編
・ランニングコストを下げる
・太陽光パネル
・エアコンを使用しない
・水道の元栓を閉める
・コンセントを抜いて節電
・電気をコマ目に消す
・冷蔵庫の温度は「中」に設定する
・鍋ややかんは底の大きいものを
・お風呂にペットボトル
・給湯器はマメに消すor温度を下げる

 

ランニングコストを下げる

  • 自動車
  • エアコン
  • 冷蔵庫

など

 

昔の商品より新しい商品のほうが、消費電力が少なくランニングコストを下げることができます。

 

買い替えのタイミングでは検討しますが、今あるものを大事に使うことも節約なので、

すぐに実行の予定はありません。

 

太陽光パネル

もはやリスクの方が怖いのでやる気はありません。

 

お金が有り余っていて、現金で設置できるならやるかもですが...

ローン組んでまでは今のところやる必要ないと思っています。

 

エアコンを使用しない

エアコンは消費電力が大きいので、節約の大敵ですね。

ですがエアコンを付けないと熱中症や風邪にになる可能性があるので、使用しないのはムリです。

 

大学生の一人暮らしとかだったら、やってるかもしれませんが。。。

それでもいまの夏は暑いのでやってないと思います。

 

水道の元栓を閉める

水道の元栓を閉めるより先に節水シャワーヘッドをやってみたいと思います。

 

コンセントを抜いて節電

コンセントをコマ目に抜いて待機電力を減らせば、節約になることは分かっています。

が、労力と節約できる金額が見合ってないと考えてしまうので、私はやる予定なしです。

 

スイッチオン、オフできるタコ足配線が手に入ったら検討します。

自分で買うと元を取るまでに時間がかかるので。。。

 

電気をコマ目に消す

使っていない部屋の電気は消しますが、家族がいる場合みんなでやらないと意味がありません。

個人でやれる範囲ではやっています。

 

が、家族に目くじらを立てて「電気消して!」というと、ギスギスしそうなので、ありのままでいっています。

 

冷蔵庫の温度は「中」に設定する

冷蔵庫の温度を「強」ではなく「中」にしておくことで、電力節約できます。

わが家はもともと「中」です。

 

鍋ややかんは底の大きいものを

ガスの場合火が鍋ややかんにすべて伝わることでガス代の節約につながるみたいです。

が、洗うとき大変なので、いつも最適な大きさのものを使っています。

 

なべや、やかんを新しく買ってまでやる必要はないかなと思っています。

 

お風呂にペットボトル

いまのところ、子どもと一緒にオフロに入ってかさ増しできています。

子どもと入らなくなっても、労力を考えると続けることは難しいと思います。

 

給湯器はマメに消すor温度を下げる

ちょっと、面倒なのでやりません。

給湯器は放ったらかです。

 

けど、旅行に行くなど長く家を空けるときはやった方が良さそうですね。

 

【日常のそこまでオススメしない節約術④ ムダ遣い減らす編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術④ ムダ遣い減らす編
・家計簿をつける
・外出を増やす
・仕事を趣味にする
・隣の駅は歩く
・自転車を使う
・休日は無料イベント
・ガソリンは事前に価格チェック

 

家計簿をつける

いかんせんズボラなので、細かい家計簿はつけていません。

費目ごとの予算を決めてその中で生活するようにしています。

 

外出を増やす

外出して家にいる時間を減らすことで、水道・光熱費の削減に繋がるという、考えの節約です。

 

私もたまに子どもを連れて公園に行きますが、

基本家でダラダラしてるほうが好きなので、積極的には外出少なめです。

 

子どもがいると外出する方が出費が多くなるリスクもありますね。

 

仕事を趣味にする

いまのところ、仕事は趣味にできるほど好きではありません。

 

ただ副業でやっているブログは趣味になっており、

お金もあまりかからず、うまくいけば収入も入るので気に入っています。

 

隣の駅は歩く

わたしが住んでいるのは田舎なので、一駅歩くのは死を意味します。

(というか、普段電車に乗りません)

 

都会に住んでいる人は、節約にもなるし運動不足解消で病気予防にもつながるのでいいと思います。

場所によりけりです。

 

自転車を使う

以前は自転車通勤をやっていましたが、疲れるので挫折してしまいました。

将来的にやる可能性はあります。

 

休日は無料イベント

出不精なのであまり外出しません。

イベント自体は無料でも、外出すると何かとお金がかかるので。。。

 

ガソリンは事前に価格チェック

ガソリンは無くなったタイミングで、いつものスタンドで入れています。

事前にチェックするほどマメにはなれません。

 

【日常そこまでオススメしないの節約術⑤ 洋服編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術⑤ 洋服編
・洋服レンタルのサブスク
・フリマアプリで洋服を売る
・洋服のリメイク
・長く着るものはブランド、流行はプチプラに
・古着買取サービス
・オークションやフリマアプリへの出品
・冷たい水と少ない洗剤で洗濯する

 

洋服レンタルのサブスク

わたしは洋服自体ほとんど買わないので、サブスクだと100%持て余します。

ですが、妻は服が少なのでスキを見て提案してみます。(勝算2割)

 

フリマアプリで洋服を売る

わたしの場合、いまのところ子どもの洋服は2人目のためにお下がり用で取っています。

下の子が大きくなったら、簡単なフリマアプリでの出品はいいなと思っています。

 

洋服のリメイク

リメイクするほどのスキルと意志とセンスを持ち合わせていないので、今のところリメイクは諦めています。

 

長く着るものはブランド、流行りものはプチプラに

プチプラと言う言葉を初めて知りました。

「安い」とか「お値打ち感がある」という意味だそうです。

 

長く着るものはブランドものを買ったほうが、長い目で見ると長く着ることができて節約に繋がりますね。

ですが、貧乏性の私はいまのところ「ブランドもの」の洋服を買うというハードルを乗り越えられそうにありません。

 

古着買取サービス

年末、洋服を断捨離するときに古着買取サービスを利用してみようかな、と思ったことはあります。

が、面倒が先に立って捨ててしまいました。

 

今年の年末こそは。。。

 

オークションやフリマアプリへの出品

古着買取サービスだけでなく、オークションやフリマアプリの出品もいいですよね。

ただ、私の場合、洋服がクタクタになるまで着ることが多いので買い手が付かないかと思います。

 

余った子ども用のスイミングパンツをメルカリで出品したら売れた経験はあるので、子ども用の服などはチャレンジしたいですね。

 

冷たい水と少ない洗剤で洗濯する

服を洗濯で傷めないために、冷たい水と少ない洗剤で洗濯するのがいいみたいです。

 

わたしの場合はそこまでいい服を持っていないのと、子ども服のひどい汚れを落とすにはむしろ多めの洗剤が必要なのが今のリアルです。

 

【日常のそこまでオススメしない節約術⑥ 固定費編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術⑥ 固定費編
・使ってない有料アプリの削除
・カーシェアリングを利用する

 

使ってない有料アプリの削除

そもそも有料アプリを使っていないので、削除の必要がありません。

 

登録段階でよく考えることが重要ですが、見直しをしていない人は有料アプリを含むサブスクの見直しがオススメです。

 

カーシェアリングを利用する

私が住んでいるのは、田舎なので車は必須です。

共働きなので夫婦で車が必要。せめてもの節約として二台とも軽自動車にしています。

 

が、子どもが大きくなったら一台は普通車にしないと厳しいでしょうね。。。

 

都市部に住んでいて、車をそれほど使わない場合はカーシェアリング、全然アリですね。

 

【日常のそこまでオススメしない節約術⑦ その他編】

 

日常のそこまでオススメしない節約術⑦ その他編
・金利の高い銀行にお金を預ける
・旅行比較サイトで安く
・穴の空いた靴下を雑巾に
・つもり貯金
・500円貯金
・マメに掃除
・ミステリーショッパー(覆面調査)
・薄切り肉の冷凍保存
・冷蔵庫にトレー
・コーヒー豆で消臭
・ワンプッシュの容器に詰め替え

 

金利の高い銀行にお金を預ける

そもそも今は金利がどこも安いので、金利が高い銀行を探すより、手数料の安い銀行を探したほうがいいです。

 

旅行比較サイトで安く

ホテルや旅館だけを予約する場合は、比較サイトから予約するよりホテルや宿の公式ホームページから予約したほうが安くなることが多いです。

 

電車や飛行機、レンタカーなどを利用するなら比較サイトの方が安くなるみたいですね。

 

穴の空いた靴下を雑巾に

今の靴下は丈夫なのと、大人になってからは靴下に穴が空いたことはありません。

空いたとしても、他にもらった大量のタオルがあるので靴下を雑巾にはしていません。

 

つもり貯金

買ったつもりで貯金する...というものですが、

そもそも節約と貯金の習慣ができていれば、あえてつもり貯金する必要はないかなと思っています。

 

500円貯金

以前挑戦したことはありますが、500円を作るために必要ないものを買ったりして、

お金を崩していたので本末転倒だと思いやめました。

 

マメに掃除

マメに掃除することで、物持ちが良くなります。

 

が、いかんせんズボラなので「マメ」には掃除していません。

 

ミステリーショッパー(覆面調査)

外食自体を控えていること、田舎なのでお店が少ないこと、

ちょっと面倒に感じることから、いまのところ覆面調査はやる予定がありません。

 

外食好きな人にはいいかもですね。

 

薄切り肉の冷凍保存

薄切り肉を一枚ずつ、水気をとってラップで包んでフリーザーパックに入れて冷凍庫で保管します。

わたしにはちょっと手間が多すぎるので諦めています。

 

賞味期限が切れそうになったら、焼肉のタレと炒めてお弁当に入れます。

 

冷蔵庫にトレー

食材を管理しやすいようにトレーに入れて保管する方法ですね。

トレーを出して確認しない気がするので、今の所やる気はないです。

 

コーヒー豆で消臭

普段家ではアイスコーヒーしか飲まないので、コーヒー豆が手に入りません。

消臭のためにコーヒーを買うなら、最初から消臭剤を買うと思います。

 

ワンプッシュの容器に詰め替え

醤油などワンプッシュした分だけしか出ない容器に詰め替えることで、健康にもお財布にも優しいというものです。

 

健康に気を使うということであれば、買っていいと思います。

ですが、節約重視であれば元を取るのにもけっこうかかるので、今の所やるところはありません。

 

 

参考:「あなたが1番イケてると思える節約術を80人に聞きました!」

 

日常の節約は負担にならないものだけやろう

日常で実践する節約は身体にも心にも負担がかからないものだけにしましょう。

 

日常ということはず〜っと続いていくものです。

少しでも負担になれば、積み重なっていずれ反動がきます。

 

この記事ではたくさんの日常における節約を紹介してきました。

 

読みすすめる中で、自分にできそうなもの、できなさそうなもの、

やってみたいもの、やりたくないものがあったと思います。

 

まずはできそうな、やってみたいものを一つでもいいので始めてみましょう。

 

節約も貯金も日々の積み重ねです。

 

お金に余裕がでてくると、新しいことにもチャレンジしやすくなります。

 

節約➜貯金➜挑戦(自己投資)➜収入アップ

 

もしくは、

 

節約➜貯金➜夢を叶える

 

この流れができあがれば無敵ですね。

 

あなたの人生を、少しずつ良い方向に変えていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事