会社員が知っておくべき「節約・投資・副業」の正しい順番【成功率に直結】

・会社員がやるべき「節約・副業・投資」の順番を知りたい
・「節約・副業・投資」の具体的な始め方を知りたい

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、家を建てる前は年間150万円超の節約に成功しており、いまは住宅ローンを8年以内に返すべく奮闘しています。

副業はブログと、ライティングを実践中で、投資も1年間の経験があります。

 

本記事の内容
「節約・副業・投資」を始める正しい順番
「節約・副業・投資」の正しい始め方

 

 


自分を変えたいと思ったときに浮かぶのは「節約・副業・投資」という人も多いハズ。

このときに順番を間違えると、特に「節約」を後回しにすると、お金の流れが悪くなります。

 

せっかくの上昇スパイラルの勢いを弱めかねません。

 

せっかく自分を変えるために、努力をするなら、一番効果的な順番で始めましょう。

 

この記事を読むことで、「節約・副業・投資」を始める順番と、はじめの一歩の踏み出し方が分かります。

少しでも気になる人は、読み進めてくださいね。

 

スポンサーリンク

会社員の「節約・副業・投資」の正しい順番

現状を変えたいと思っている会社員の人は「節約・副業・投資」の順番で行動を始めましょう。

 

いきなり副業や投資を始めるのも悪くはないですが、

それぞれのいいところを最大限引き出すには「節約➜副業➜投資」の順番がオススメです。

 

節約から始める理由

 

節約から始める理由
①1ヶ月の生活費を把握できる
②ムダ使いしないを習慣にできる
③貯めたお金を副業や投資に回せる

 

詳しく解説します。

 

①1ヶ月の生活費を把握できる

節約をするためには、収支の把握が不可欠です。

 

自分が1ヶ月生活するのに、どれだけお金が必要なのかを把握しておきましょう。

 

生活コストを下げて1ヶ月に必要な最低限の金額が分かれば、

のちのち転職やフリーランスを目指す場合も指標になり、具体的な行動を起こすための判断材料となります。

 

②ムダ使いしないを習慣にできる

たとえば臨時収入が入ったり、副業や投資で成功して一時的に収入が増えた場合、

浪費癖があれば一瞬でなくなる可能性が高いです。

 

反対に節約することが習慣になっていれば、

浪費はせずに副業のための自己投資や、あらためて投資先を選ぶなどの判断ができるようになります。

 

③貯めたお金を副業や投資に回せる

節約をして浮いたお金を副業や投資に回すことで、

必要な教材や本を買って勉強したり、勝負どころだと判断したときにお金を使うことができます。

 

いきなり副業や投資を始めても使えるお金は限られる場合が多く、

精神的にも「成功させなきゃ」と自分を追い詰めてしまうこともあります。

 

まずは節約から始めて、

 

  • これぐらいあれば生活できるという安心感を持つ
  • 浮いたお金は自分や金融商品へ投資する

 

という流れを作りましょう。

 

副業➜投資の順番の妥当性

ここの順番は微妙なところで、

投資の目的が「長期保有」で「基本放ったらかし」であれば、副業より先に投資に手をつけてもいいと思います。

 

iDeCoや積立NISAのような場合です。

 

ですが、短期投資での売買を考えている人はハッキリ言ってかなり成功率は低いです。

 

短期投資で利益を出している人の多くは、副業ではなく専業でやっています。

そこに会社員の傍ら、隙間時間にやってもうまくいく可能性は低いと言えます。

 

さらに言うと、長期投資でもある程度のリターンを狙うのならば、投資する金額を大きくする必要があります。

 

ですので、お金を稼ぐことが目的であれば投資よりもさきに副業を始めましょう。

 

実際わたしも何冊も本を読んだりと工夫を重ね、1年間短期投資にチャレンジしましたが、

いい結果は出ませんでした。。。

 

そのときに「会社員は投資じゃなくて、副業から始めるべきだな」と悟りました。

 

副業のメリット、投資のデメリット

副業のメリットは本業にもいい影響がでることです。

 

何を副業にするかにもよりますが、本業にもプラスに影響する副業を選ぶと、

本業でも評価されるようになり本業のモチベーションすら上がる可能性があります。

 

他の社員が家に帰ってくつろいでいるときに、

副業として仕事に関連する部分を勉強したり経験したりしているので、次第に実力がついてきます。

 

当然ですよね。

 

反対に、本業とはまったく関係のない副業でも見識が増え、視野も広がるので本業にいい影響が出ることも少なくないです。

 

 

投資のデメリット、特に短期売買のデメリットは本業に集中できないことです。

 

短期投資をしている場合だと、日中も値動きが気になって本業に集中できず、

本業での評価を下げられる可能性すらあります。

 

実際私も短期投資をしていたときは、値動きが気になり、仕事中でも集中力が散漫になっていました。

 

こうした視点からも、会社員として投資をするならやっぱり長期投資がオススメです。

 

「節約・副業・投資」の具体的な始め方

ここでは、「節約・副業・投資」の具体的な始め方を紹介します。

 

「節約・副業・投資」の順番で始めればいいことは分かったけど、

それぞれ具体的になにから手を付ければいいか分からないという人も多いと思います。

 

「節約・副業・投資」の第一歩についてやるべきことを解説していきます。

 

節約の第一歩

節約は固定費から始めましょう。

 

具体的には、

 

  • スマホ
  • 家のネット
  • 住居費
  • 水道・光熱費の契約会社やプラン
  • 保険料(医療、自動車など)
  • サブスクの見直し

など

 

まずはこのあたりの固定費を見直して、節約を始めましょう。

 

具体的には以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

 

副業の第一歩

副業を始める時は以下の点に気をつけましょう。

 

副業を始めるときの注意点
・初期投資が少ない
・在庫を持たない
・時給制より資産性がある

 

この3点に注意しながら気になる副業からじゃんじゃん始めてみましょう。

 

具体的に例を挙げると、

 

  • YouTube
  • ブログ
  • ライティング
  • プログラミング
  • webデザイン

など

 

このあたりですかね。

 

とくにYouTubeやブログは、スマホやパソコンがあればすぐに始めることができて、在庫を抱える必要もありません。

 

加えて、バズれば自分が寝ている間でも収入が入ってくるという資産性もあります。

 

 

お金を稼ぎやすいのは時給制(アルバイトなど)の仕事ですが、

会社員であるならすぐにお金が必要という人は少ないと思います。

 

であれば、不確実でいくら収入が入るかは分からないけれど、「資産性」のある副業を始めることをオススメします。

 

ビジネスやマーケティングの勉強にもなるので、本業に活かせる部分もあるはずです。

 

投資の第一歩

投資を始める場合は、大前提として「余裕資金で長期運用」で行うようにしてください。

 

なくなっても自分に大きな影響が出ない資金で、10年20年は運用を続けるつもりで投資を始めましょう。

 

注意点としては「iDeCo」を選んでしまうと、60歳まで引き出せないことです。

 

人によっては何十年と先のことなので、見通しがハッキリしない場合はあまりオススメできません。

 

投資を始めるポイントとしては、「手数料が安いインデックス型の海外、国内の商品を買う」ということです。

 

ココに関しては本で読んだ方が理解が深まるので、以下二冊の本を紹介させてもらいます。

投資だけでなく、お金全体に関する考え方を学べるので、読むべきです。

コスパ良すぎ。

 



自分を変えるために「節約・副業・投資」を始めよう。

会社員であり続ける自分に疑問を持ったり、変わりたいと思ったら「節約・副業・投資」を始めましょう。

 

ただ本を読んでいるだけでは何も変わりません。

 

ひとつずつ行動して自分の人生を変えていきましょう。

 

最初は、スマホの見直しから始めますか?
家賃の安いところに引っ越しますか?

 

浮いたお金は副業のために使いましょう。

 

軌道に乗ってお金を稼ぐことができるようになったら、投資を始めましょう。

 

そうすると、いよいよ不労所得を得ることができるようになります。

 

不労所得があり、自分の力で稼ぐことができれば会社に依存する必要はなくなります。

 

会社の上司や周りの人に縮こまる必要はなくなります。

 

そうなれる可能性があなたにはあります。

 

そうなるためには、まず第一歩です。

まずは節約から。

 

さっそく今日から、いまから始めましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事