【元職員による】信用金庫への就職完全ガイド〜基礎から転職まで〜

・信用金庫で働くことに興味があるけど何もわからない!
・信用金庫に就職するか判断するために必要な情報を知りたい!

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、信用金庫に6年務めていました。

今でも信用金庫の人との交流が(けっこうたくさん)あるので、色々な情報が入ってきます。

 

本記事の内容
信用金庫への就職を考える人のお悩み解決

 

この記事では私の経験をベースに、信用金庫に関するたくさんの情報を紹介していきます。

 

当たり前ですが、口コミサイトのように情報を登録する必要がないので、気になるところを気軽に読んでいってくださいね。

 

信用金庫ってそもそも何?という疑問から、信用金庫の社内恋愛事情まで幅広く。

信用金庫の中にいたから見えたこと、転職して外から見えたことなども書いています。

 

この記事を読むことで、信用金庫で働いている将来の自分の姿が、今よりも鮮明に描けるようになります。

 

それではどうぞ。

 

スポンサーリンク

そもそも信用金庫って何?仕事内容は?銀行とどう違うの?

信用金庫って何となくは分かるけど、具体的に何をやっているのか、銀行との違いがどうなのかが分からない人もいると思います。

 

見たことはあるし、聞いたこともある信用金庫。

だけど、説明しろといわれると難しい信用金庫。

 

面接でも「なぜ銀行ではなく信用金庫なんですか?」というのは定番の質問です。

まずは信用金庫が何なのかについて知っておきましょう。

 

 

信用金庫に就職するとどうなる?【年収・休み・恋愛・メリット、デメリットなど】

信用金庫のリアルな勤務条件や内部事情を紹介します。

 

求人情報からだけでは見えない、働き出したあとに分かることもたくさんあります。

 

たとえば...

基本は土日休みですが、地域貢献・ボランティアで休日出勤することもあります。

社内恋愛・社内結婚が実は多いのも信用金庫の特徴です。

 

気になる記事を読んで、将来信用金庫で働くということの解像度を上げましょう。

 

 

 

信用金庫のお仕事(大変なことも多い)

信用金庫で働くとは金融機関で働くということです。

普通の企業とは異なる特徴もあります。

 

信用金庫で大変なのは営業だけ?どういう場面でストレスを感じるのか?

信用金庫への就活を始める前に、特に知っておいてほしい部分です。

 

 

 

信用金庫に就職したい!世間体や将来性は?

信用金庫に就職したいけど、周りの評判が気になる人も多いでしょう。

 

せっかく苦労して内定をもらっても、バカにされたり、自分で納得できなくなったらモッタイナイです。

 

信用金庫=金融機関で働くことは、一昔前なら間違いなく勝ち組でした。

 

今はどうなのでしょうか?

信用金庫の世間体や将来性についても言及しています。

 

 

決めた!信用金庫への就活を始めるなら

信用金庫へ就職することは難しい?

 

信用金庫と言っても、どの信用金庫を受けるかで難易度は変わります。

なぜなら信用金庫と一口に言っても250以上あるからです。

 

なかには地銀よりも規模の大きい信用金庫もあります。

 

信用金庫への就活を決めたらなら読んでほしい、信用金庫の就活の難易度とオススメの資格に関する記事です。

 

 

 

信用金庫に就職後、心が折れたら

信用金庫に無事就職が決まった!

でも実際に働いているうちに心が折れてしまうこともありえます。。。

 

どれだけ事前に情報を調べていても、実際に働いてみて、お客さんや上司、同僚と働いてみて分かることもあります。

 

信用金庫で働き続けることに迷いがでたら、以下の記事も読んでみてください。

 

 

地元に就職するなら大いにアリな信用金庫という選択

信用金庫で働きたいという人は、地元が好きだからという人も多いと思います。

地元が田舎の方であれば、働きたいと思える企業が少ないこともあるでしょう。

 

そんななかで、信用金庫というのは全然アリな選択肢です。

ただ、なんとなくのイメージだけで突き進むと、イメージと現実のギャップに苦しんでしまうこともあります。

 

この記事で少しでも、信用金庫で働くということが伝われば嬉しいです。

他にも疑問や記事にしてほしいことがあれば、問い合わせフォームから募集しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事