信用金庫のノルマは運ゲー【ノルマよりしんどいことも】

・信用金庫のノルマってどんな感じ?
・信用金庫でノルマよりしんどいことってある?
・ノルマがしんどくても、がんばって続けるべき?

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いてる私は信用金庫に6年務めて、その後転職しました。

6年のうち4年間は営業の仕事をしていたので、もろにノルマの重圧にさらされてきました。。。

 

本記事の内容
・信用金庫のノルマは金庫や雇用形態でちがう
・信用金庫でノルマよりキツイことは?
・信用金庫のノルマで悩んだら

 

金融機関のノルマって大変そうなイメージがありますか?

 

結論からいうと、信用金庫のノルマは金庫や雇用形態、配属店舗によって全然ちがいます。

 

ルマが未達成だったら怒号や罵声が飛んでくる信用金庫もあれば、

ノルマを廃止した信用金庫もあります。

 

ここではわたしが働いていた信用金庫(ノルマに対する厳しさは中の下ぐらい)の、
ノルマの実情について紹介していきます。

 

さらに、ノルマを達成するよりしんどかったことや、ノルマがイヤになったらやるべきことについても解説していきます。

 

  • 信用金庫で働きたいけどノルマが気がかり...
  • もうすでにだいぶノルマがいやだ...

 

こんな気持の人は気になるところだけでも見ていってくださいね〜。

 

スポンサーリンク

信用金庫のノルマは運ゲー。〜私がいた信金の場合〜

信用金庫のノルマはそれぞれの信用金庫や一般職、総合職でかなりちがいます。

 

信用金庫によってはノルマを達成できないと罵声や怒号が飛んでくるところもありますが、ノルマを廃止している信用金庫もあります。

 

以下のとおりです。

 

 

とはいえ、ノルマを課している信用金庫がほとんど。

 

そこで、ここでは私が働いていた信用金庫のノルマについてお話します。

 

ノルマの難易度でいえば直感で中の下ぐらいになるかと。

 

まず、ノルマには「個人のノルマ」と「支店のノルマ」があります。

支店のノルマは支店長や上司によって、渉外(営業マン)を中心に振り分けられます。

 

以下が個人のノルマと支店に振られたノルマのすべてです。

 

信用金庫のノルマ 預金
・定期預金
・定期積金
・年金
・損害保険
・生命保険
・国債
・投資信託
・クレジットカード
など

 

信用金庫のノルマ 融資
・カードローン
・消費者ローン
・住宅ローン
・事業性融資
・新規顧客獲得
など

 

これらを目標の金額、件数に向かって半年間で達成しなければいけません。

新人は主に預金とローン関係、ベテランは融資中心になります。

 

預金なら簡単じゃないの?と思うかもしれませんが、

いま(2020年8月現在)の定期預金の金利は0.002%です。

 

1年預けても5年預けても年間0.002%、つまり1000万円を1年預けて利息が200円です。

そこから税金で2割ほど引かれるので180円。。。

 

この条件で預けたくなりますか?w

 

解約するときの手間を考えるとわざわざ定期性の預金にする意味はないです。

 

さらに保険関係もオススメできるほどいい商品は取り扱っていないんですね。

 

一番いいのは国債でしょうか。

それでも金利は雀の涙です。

 

投資信託も取り扱っている商品は限定的で手数料も高いときています。

つまり預金の営業だから簡単というわけではないんですね。

 

 

さらに悩ましいのが融資のノルマ。。。

 

カーローンや住宅ローンであれば顧客から相談があるのでまだマシです。

カードローンは使わなければ手数料や年会費も掛からないのでなんとかなります。

 

問題は事業性融資と新規顧客獲得です。

 

信用金庫の経営基盤の要なので、ノルマも重め。

 

顧客から設備投資や運転資金の相談がずっとくるわけではありません。

会社に出向いて顧客の情報を集め、融資が必要になる可能性がないか探ります。

 

多くの企業は複数の金融機関と取引しているので、出し抜かれないように気も使います。

 

新規顧客に関しては、預金だけの取引先やまったく取引がない企業や個人から融資を獲得しなければなりません。

 

新規顧客獲得はかんたんにはいかず、信用金庫の仕事のなかでも最もハードルが高い仕事です。

 

こうした苦労を乗り越えながら、半年に1度の期限に向かって毎日ノルマを積み上げていきます。

 

ノルマの管理は厳しい?

私がいた信用金庫はノルマの管理はまだマシな方でした。

 

罵声や怒号が飛んでくることはほとんどなかったので。

(入庫してすぐにいた、昔の上司は少しそんな感じでしたが...)

 

時代の流れで、今はパワハラは大きな問題になるのでそういった指示が出ているのでしょう。

 

それでも、毎日進捗状況のカクニン会議が行われます。

 

・定期預金の残高が大きく下がってるけどどうして?
・年金が全然取れてないけどどうなってる?
・見込みに入ってる住宅ローン間に合うの?
・このお客さんの審査結果はもうきたの?早く動いて。

 

など、声は張り上げられませんが淡々と追い詰められる感じです。。。

 

気にしない人ならマイペースでやっていけるんでしょうが、

これぐらいのことでも毎日だとけっこうこたえます。。。

 

自爆営業も

定期性の預金や保険、クレジットカードなどはノルマが達成できそうにないときは、職員がつくる場合も多かったです。

クレジットカードは家族会員も作れるので、職員ひとりで2,3枚作ってるのが当たり前でした。

 

 

以上がわたしがいた信用金庫のノルマに関することです。

 

「契約が取れるまで帰ってくるな!!!」

 

といったことは一度もありませんでした。

ですが、毎日続くノルマのプレッシャー、営業成績は個人名とともに全員の順位が発表されていました。

 

メガバンクや地方銀行に比べると全然楽だよ!と言われそうですが、人によって感じ方はちがうので十分しんどいと思う人もいると思います。

 

次の章ではノルマ以上に精神的にこたえたことについてお伝えします。

 

信用金庫でノルマよりキツイのは、お願いセールス

前の章で紹介したとおり、わたしがいた信用金庫ではノルマの管理はそれほど厳しくはありませんでした。

 

わたしをノルマの管理以上に苦しめたのは「お願いセールス」です。

 

信用金庫のノルマやキャンペーンで扱う商品のなかには、心からオススメできない商品もあります。

 

それでもキャンペーン期間期間中にノルマを達成しなければなりません。。。

ですので、顧客が必要としてないものでも、契約してもらうために「お願い」しなければいけません。

 

これが一番苦しかったです。

 

預金で言うと、カードローンやクレジットカードなどはまさに「お願いセールス」の代表格です。

 

「作るだけでいいんで!」

 

と言って必要じゃないお客さんに作ってもらう。

 

投資信託も、ネットで契約すれば同じ商品が手数料安く買えるのが分かっていながらお願いする...

 

組織を運営していくためには利益をあげないといけないのは分かっています。

 

ですが、

 

非営利法人で地域経済のための信用金庫が、こんなことを続けていいのか?

 

とずっとスッキリしない感じがしました。

 

もちろん信用金庫がなくなれば、

メガバンクや地方銀行では融資できないような中小企業が困るのは分かっています。

 

信用金庫を存続させるためには仕方のないことです。

でもわたしは最後まで割り切れなかったです。

 

半沢直樹で有名になりましたが、

晴れの日に傘を貸して雨の日に取り上げる」というのは、

金融機関の方針を的確に言い表していると思います。

 

信用金庫のノルマで悩んだら、すぐ辞めるのもひとつの手

信用金庫のノルマや方針で悩んだらすぐに辞めるのもひとつの手です。

 

すこしだけノルマのある仕事をやってみて、

 

「イヤだな〜」

 

ぐらいだけで辞めるのは早すぎる感じがします。

 

ですが、しばらくがんばったうえで、

 

「うん!ムリ!!」

 

っていう心境になるのであればムリして残る必要はないです。

 

自分のことは自分がいちばんよく分かるものなので、辞めるかどうかは自分で決めましょ。

 

よく「どんな仕事でも3年は続けろ」てきなことが言われますが、

ムリだと思ったらまず行動を始めることがオススメです。

 

具体的には求人サイトや転職エージェントに登録することです。

 

詳しくは以下の記事も参考にどうぞ。

 

 

転職活動をしていくと、

 

  • いまの自分はどういう仕事ができるか
  • どんな求人に惹かれているのか
  • 就けそうな仕事と今の仕事を比べてどうか

 

など自分のことを客観的に見れるようになります。

そうすると、決断もしやすくなります。

 

自分のことをダマシて、我慢してノルマに追い詰められながらムリして仕事を続けても、体力的にも精神的にもつらいだけです。

 

自分に素直に、ムリだと分かっていながらダラダラ続けるよりも、まず行動が大事です。

行動すれば道は開けます。少なくとも何もしないよりは。

 

 

ここまで信用金庫のノルマ、ノルマよりしんどいこと、辞めたくなったときのことについて解説してきました。

 

信用金庫のノルマのしんどさは就職して実際にやってみるまで分かりません。

ノルマがしんどくても、うまく折り合いをつけて仕事を続ける人もたくさんいます。

 

地元で働くには比較的いい職場の信用金庫。

 

気になる人はとりあえず就職して、体験してみて、合うかどうか自分で判断するしかありません。

 

ですが、「合わない!!」と感じたらダラダラ続けるのではなく、

すぐに次の行動を始めることを忘れないようにしておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事