共働きの家事分担はどうする⁉ベリーハードな子育て期間を乗り切る方法

・子育て中の共働きだけど、家事分担が納得いかない
・子育て中の共働き世帯は、どう家事を分担するのが正解??
・仕事も続けたいけど、このままでは辞めるしかないかも...

 

この記事では、こうした悩みや疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は、共働き歴5年で子どもがひとりいます。

収入、勤務時間、家事・育児の参加はほぼ半々です。

 

結婚当初から家事はしていましたが、

 

「俺、こんなに家事やってる!」

「いい夫でしょ⁉」

 

ぐらいに思っていましたが、家事全体で見るとほんの一部しかできておらず

妻から話し合いを持ちかけられました...

 

ですが、子どもが産まれる前に話してくれたので、子育て中の今はうまく言っています。

(妻に感謝です)

 

最初に結論を言っておくと、

子育て中の共働き世帯が、家事分担するときに気をつけることは以下のようになります。

 

子育て中の共働き世帯が家事分担で気をつけること
①家事の当事者意識を確認する
②家事・育児の全体を共有する
③「収入」か「勤務時間」でとりあえず家事を分担
④手を抜ける家事や楽にできる家事を検討する
⑤定期的に話し合い、お互いが納得できる分担に調整していく

 

この記事では上の内容を深堀りして解説していきます。

 

さらに、「共働きの家事」に対する考え方、捉え方にも踏み込んでいきます。

 

家事の分担がおかしい!

子どもが産まれたのに、全然家事をしてくれない!!

 

と悩んでいる人は、気になるところだけでも見ていってくださいね〜。

 

スポンサーリンク

共働で子育て世帯の家事分担方法

子育て中の共働き世帯は、家事の分担で悩んでいる人も多いです。

 

日々の家事の分担で、悩んだりイライラしたりしなくなるには、

「当事者意識」「家事全体の共有」「建設的な話し合い」が重要です。

 

家事や育児のすべてを半々にするのは難しいですが、

お互いが納得して不満が出ないように分担することは可能です。

 

子育て中の共働き世帯が、家事を分担するときに気をつけることは以下のとおりです。

 

子育て中の共働き世帯が家事分担で気をつけること
①家事の当事者意識を確認する
②家事・育児の全体を共有する
③「収入」か「勤務時間」でとりあえず家事を分担
④手を抜ける家事や楽にできる家事を検討する
⑤定期的に話し合い、お互いが納得できる分担に調整していく

 

一つずつ解説していきます。

 

①家事の当事者意識を確認する

子どもが産まれても家事に積極的でない夫もいます。

 

「仕事が忙しい」

「家事・育児は妻がメインでやるべき」

「自分の時間は確保したい」

 

などいろんな理由が考えられます。

 

こういった言葉を口にしたり態度にでている夫は、

家事や育児をする責任があるという当事者意識がないか、あっても意識が低すぎます。

 

なかには当事者意識はあるけど、家事をする優先順位や時間配分がわからない、という人もいます。

よく観察して、夫がどちらに当てはまるか掴んでおきましょう。

 

②家事・育児の全体を共有する

家事や育児に積極的でない夫に当事者意識を持ってもらうには、

家事・育児の全体像、内容、自分がどう感じているかを伝えることが重要です。

 

このときに言葉ではなく、文章や、図、表などを使って伝えると効果的です。

なかにはパワポを使ってプレゼン形式で伝えた、という家庭もあります。

 

男性に伝えるときは感情を全面に出されるよりも、ロジカルに説得する方が効果的です。

 

・過程まで細かく分けた家事一覧表
・現在の家事の分担表
・特にしんどい家事については具体的にきついところを伝える

 

上に挙げたものは必ず伝えるべきです。

 

例えば、子どもを連れて買い物に行くときのハードルの高さです。

 

子どもが欲しというものを制止ししつつ、目的のものを購入し、重たい荷物を持ちながら、子どもが事故に合わないよう気をつけて家まで帰る...

 

めちゃくちゃ大変なんですけど、

やったことない人は相手がやって当たり前だと、感謝の気持ちすらないかもしれません。

 

というより、やったことないと大変だとすら思ってない可能性があります。

 

「買い物」とだけ記載があってもこのしんどさは伝わらないので、

理解してほしいところは特に細かく書いておきましょう。

 

③「収入」か「勤務時間」でとりあえず家事を分担

家事の全体像と現在の分担が共有できたら、

「収入」か「勤務時間」を基準にまずはざっくりと分担しましょう。

 

「収入」か「勤務時間」どちらを基準にするかは、より割合が近くなる方を選べばオッケーです。

 

たとえば、収入が近いのであれば収入を基準に、

勤務時間が同じくらいなら勤務時間を基準にしましょう。

 

詳しくは以下の記事も参考にどうぞ。

 

 

分担する場合は得意・不得意や、やりたい・やりたくないといったことも考慮しましょう。

 

この時点で、なるべくお互いの精神的な負担が減るようにすることが大事です。

 

④手を抜ける家事や楽にできる家事を検討する

家事が分担できたら、今まで家事に協力的でなかった夫は

 

「俺、こんなにやるの...」

 

となるでしょう。

 

そのときに、手を抜ける家事や便利家電の購入についても話し合いましょう。

 

「掃除機は気になるところだけ随時で、週末にまとめてでいいよ?」

「乾燥機付き洗濯機があれば、この家事は私ができるよ?」

 

などのように言われれば、了解してくれる確率アップです。

 

仕事から帰ってきて少し部屋が散らかっていても、夫は文句を言わなくなりますし、

なんでもないときに「乾燥機付き洗濯機」が欲しいと言われるよりかなり効果的です。

 

⑤定期的に話し合い、お互いが納得できる分担に調整していく

ここまでで分担した家事をこなしながら、定期的に話し合いをしましょう。

 

「思ったよりきつい...」

「ここ手を抜いていい?」

「外注したい...」

 

など話すことはたくさん出てきます。

 

子どもの成長やお互いの仕事の状況によっても環境は変わります。

子供の成長につれて、するべき家事も変わっていきます。

 

大事なことは一度決めたからと言ってそのままにするのではなく、

夫婦二人が納得し、不満が貯まらないように定期的に話し合いを行うことです。

 

 

以上のことをやっていけば、

 

・夫が家事をやってくれる
・手抜き家事でも文句を言われない
・時短家電購入

 

のどれか、もしくはすべてが叶うはずです。

 

繰り返しですが、

男性はロジカルな話で説得される=グーの音も出ないように話をされると弱いです。

 

日々のストレスを爆発させ、感情的意見を伝えて協力させるよりも、

夫婦がお互い納得して家事をするほうがいいに決まっています。

 

ぜひやってみてくださいね。

 

共働きで子育て中なら、家事分担は楽をする、減らすことが最重要

子育て中の共働き世帯が目指すべき家事は、

「完璧な料理」を出すことでも、「いつでもキレイな部屋を維持する」ことでもありません。

 

夫婦が不満なく、助け合う気持ちで日々を生活することです。

 

そのためには、家事は極力楽をすること、減らすことが重要になります。

 

前の章のでも紹介しましたが、

 

・手を抜く家事を決める
・完璧な家事を求めない
・家事を外注する
・時短家電を買う

 

のようなことが挙げられます。

 

お金に余裕がある家庭であれば、家事の外注や時短家電を買うことで、やらなければいけない家事はグッと減ります

 

お金は厳しいという場合は、「手を抜く家事を決める」ことと、「家事は完璧じゃなくていい」ということを意識しましょう。

 

時短家電貯金、なんかをするのもいいですね。

 

そのためには節約もとても大事なので、節約したい!

という人は以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

また、各家庭で自分たちに合う家事の分担や、取り組み方を考えることも大事です。

 

たとえばわが家では、

「時間があるときにやってほしい(やる)家事」をホワイトボードに書いておくという実験をしています。

 

・トイレやお風呂、洗面所を洗いたいと思うタイミングは夫婦で違う
・気づいたときにできればいいが、平日は時間がない場合も多い

 

そこで、

とりあえずホワイトボードに「時間があるときにやる家事」を書いておけば、

どちらかが時間のできたときにやればいい(強制ではない)のでは?

 

という考えから産まれたアイデアです。

 

みなさんもいろいろ、レッツ試してみましょう。

 

 

家族になったからには、仕事・家事・育児・お金・自由な時間は平等であることが理想です。

 

お互いに協力しながら理想の家庭に近づけていきましょう。

そのためには、まず当事者意識を持ってもらうことからです。

 

夫婦ふたりが納得できる、不満の出ない家事分担を見つけていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事