目標は共働き卒業!子育て中こそ節約マストな理由、そしてその方法

・共働きでも子育て中なら節約しないとダメ?
・共働きで子育て中の家庭はどうやって節約してる?
・共働き、子育て中のオススメ節約方法は?

 

この記事ではこうした疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、夫婦で手取り34万円の共働きです。

妻と3歳男の子と戸建て住まいで、貯金は毎月8万円、ボーナスを含めると年間150万円ちかく貯金できています。

 

結論から言うと、子育て中なら共働きでも節約はやるべきです。

マストです。

 

節約をして、支出を抑え、貯金をしていくことで様々なリスクに対応できるようになります。

 

例えば「小4の壁」。

小学校4年生になると学童保育に預けることが難しくなることです。

 

こうした状況になっても、普段から節約し、貯金をして生活費を下げておけば、

夫婦のどちらかがフルタイムからパートや在宅勤務になっても家計を回せます。

 

わが家も今は夫婦ともにフルタイムの会社員ですが、ゆくゆくは共働きを卒業したいと考えています。

 

わが家の共働き卒業計画は以下のとおりです。

 

共働き卒業までにクリアすべき目標
①毎月の支出を低く安定させる
②住宅ローン完済
③子供の教育資金の目処を立てる
④副業で稼げるようになる

 

こうしたことをコツコツ実践して脱共働きを目指します。

 

この記事では、わが家で取り組んでいる脱共働きに向けた行動や節約方法を紹介していきます。

 

共働きで子育て中だけど節約できてない〜

モチベーションが上がらない〜

節約のやり方がわからない〜

 

という人は、気になるところだけでも見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク

わが家の共働き卒業までの計画。子育ても節約も妥協しない

わが家は共働きですが、べつに夫婦とも仕事が好きなわけではありません。

生きるために働いているので、生活のメドが立ったら共働きを卒業したいと考えています。

 

子どもがいる家庭はずっと共働きじゃないと不安という人も多いはず。

そこで、この記事ではわたしが計画している共働き卒業までの道のりを紹介していきます。

 

共働き卒業までにクリアすべき目標
①毎月の支出を低く安定させる
②住宅ローン完済
③子供の教育資金の目処を立てる
④副業で稼げるようになる

 

一つずつ解説していきます。

 

①毎月の支出を低く安定させる

毎月の支出を低く安定させることは超重要です。

 

収入がどれだけ増えても、それに比例して支出が増えればお金は貯まりません

もし収入が減ってしまったら、生活水準を下げる必要が出てくるので大きなストレスにもなります。

 

共働きであっても節約して支出を抑えることで、お金も貯まり、共働き卒業の土台とすることができます。

 

②住宅ローン完済

わが家では住宅ローンを10年以内で(できればもっと繰り上げして)返済すべく奮闘中です。

 

共働きとはいえ決して収入が多くないわが家ですが、

10年以内で返済できる計画が立てれたのには、以下の理由があります。

 

・親から土地を譲ってもらえた
・頭金を総額の3割ほど貯めていた
・必要最低限の間取り、設備にして費用を抑えた

 

正直ずっと賃貸の方がいいかな...と思っていましたが、

思いがけず親から土地を譲ってもらえる話が出たので、家を建てることを決意しました。

 

土地を譲ってもらえていなかったら、ずっと賃貸に済むか、現在の住宅ローンと同程度の予算で中古の家を買ってリフォームするかの決断をしていたと思います。

 

③子供の教育資金の目処を立てる

子供の教育費は上限がないので、わが家では高校卒業までに一人あたり600万円貯めることを目標にしています。

 

今もコツコツ貯めていますが、住宅ローンが終われば、一気に教育費の貯蓄にお金が回せる計画です。

 

④副業で稼げるようになる

住宅ローンを完済して子供の教育費が貯まっても、

ひとりの稼ぎでひとつの会社からもらう給料だけではリスクがあると考えているので副業も始めました。

 

いまはほとんど稼げていませんが、将来芽が出るように上の3つと並行して取り組んでいます。

 

 

わたしはこれら4つがクリアできれば共働きが卒業できると考えています。

 

仕事をやめるのはわたしでも妻でもいいかなという感じです。

そのときにあらためて考えます。

 

「どちからが仕事を辞めても大丈夫」な選択肢を作ることが重要だと思っています。

 

わたしが一番恐れているのは「小4の壁」です。

 

学童保育に預けにくくなるというタイミングですね。

学童保育がムリだと平日はともかく、夏休みなどはどうにもなりません。

 

子どもが小4になるまであと5年ほどあるので、ひたすら目標クリアに向けて努力するのみです。

少なくとも小4になるまでに、住宅ローンが返済できればいいと思っています。

 

支出の多くを占める住居費がかからなくなるだけでも、かなり大きいです。

 

子どもの教育費が貯まっていない、かつ、わたしの副業も成果がでていない可能性もあります。

そのときは妻にパートにでてもらう必要があるかもしれませんが、

フルタイム会社員は卒業できるだろうと予測しています。

 

今できることをコツコツやっていくのみです。

 

共働きを卒業するために、子育て中にやるべき節約

共働きを卒業するためには、子育て中の節約はマストです。

できれば子どもが生まれる前から節約するほうがいいんですが。。。

 

毎月の支出を抑えることで、収入が少なくなっても生活できるようになります。

 

つまりフルタイム共働きでなくても、

夫婦のどちらかが専業主婦(夫)になったり、パートなど時間に余裕のある選択ができるようになります。

 

わが家が普段から気をつけている節約は以下のとおりです。

 

わが家の節約の基本
①固定費を抑える
②高額な買い物は慎重に
③無駄遣いしない、贅沢しない
④自分だけメリットがあるものはお小遣いから

 

ここも一つずつ解説していきます。

 

①固定費を抑える

節約というと食費などの変動費から入る人も多いですが、まず取り掛かるべきは固定費です。

 

固定費の節約は、節約できる金額も大きく一度見直せば効果が継続するからです。

 

主に見直すべき項目は以下のとおりです。

 

・住居費
・車
・携帯、通信費
・光熱費のプラン
・保険料

 

などです。

 

住居費や車は引っ越し、買い替えのタイミングで慎重に、慎重に検討してください。

 

携帯、通信費はまず格安スマホの利用をすぐに考えるべきです。

 

光熱費はコマメに節約するより、契約プランそのものを見直しましょう。

小さな節約はストレスも貯まりますので。。。

 

保険料はそもそも会社員の場合は公的な保険がしっかりしているので、

そのあたりを一度勉強すれば見直しやすいです。

 

固定費の節約については以下の記事も参考にどうぞ。

 

 

 

②高額な買い物は慎重に

家や車などを購入するときは、これでもかと情報を集めてください。

 

あとはすぐに決めないこと。

 

時間をかけると冷静に判断できることもあります。

 

家や車などは本体はそこそこの値段でも、オプションをあれもこれもと加えていくととんでもない金額になります。

 

とんでもない金額になっても

「まぁせっかくだし...」

と冷静な判断ができなくなります。

 

たとえば、わたし個人の意見としてはカーナビも不要だと思っています。

ナビに関しては、頻繁に使う人でなければ今はスマホで十分目的地にたどり着けます。

そこに10万20万かけるのは果たして...

冷静に判断すべきです。

 

なにごとも勢いだけで決めないように注意しましょう。

 

③無駄遣いしない、贅沢しない

無駄遣いしない、贅沢しない、は節約の基本ですね。

 

見栄のためにブランド物を買うのではなく、本当に自分が欲しい物・必要なものを買うようにしましょう。

 

ボーナスが出たからとすぐに自分にご褒美を上げる前に、買うものを時給換算して考えるのも一つの手です。

 

例えば時給換算で2,000円稼いでいる人は10万円の時計を買うためには50時間の労働が必要になります。

1日8時間労働だとすると、6.25日、1週間近くの労働が必要になります。

 

そこまでして本当に欲しいのか、冷静に判断できるようになりましょう。

 

また安くても問題ないものであれば、ムダに高いものを買わないようにするのも節約になります。

 

例えば時計は、30万円の時計でも3万円の時計でも3千円の時計でも機能はほぼ同じですよね。

 

わたしはお金が余るまでは徹底して高いものは買わないようにしているので、

1,000円の時計や100均のネクタイも併用して使っています。

 

④自分だけメリットがあるものはお小遣いから

わが家では晩酌は私しかしないので、お小遣いからお酒を買っています。

 

お菓子ならみんな食べるので家計から出す、という感じです。

もちろん化粧品などは必要なものなので家計からの支払いです。

 

嗜好品で自分だけメリットがあるものはお小遣いからというルールです。

 

このルールのいいところは、身銭を切って買うので本当に欲しい時、欲しい物しか買わないようになることです。

 

家計からなら毎日ビールを買っちゃうという人でも、

お小遣いからなら週末だけに我慢する、という変化がおこります。

 

お小遣いに関してはこちらの記事もどうぞ。

 

 

 

節約する上ではお金に関する知識があると、さらに冷静な節約できるようになります。

 

お金に関して以下の本はとても参考になります。

会話形式で分かりやすく、生活に関するお金の話を中心に解説されています。


 

共働きの卒業を目指すなら節約はマストです。

 

どれだけ本業の給料が増えても、副業で稼げるようになっても、支出も同時に増えれば意味がありません。

 

逆に無駄遣いせずに、毎月の支出を抑えることができれば、共働きの卒業はグッと近付きます。

 

節約するのは最低条件で、そこから住居をどうするか、副業を始めるなどして共働きの卒業を目指しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事