【30代】手取り合計34万の共働き。貯金は年間100万超の仕組みを公開

・30代共働きだけど、わが家の貯金額は少ないかな?
・みんな毎月どれぐらい貯金してるの?
・貯金できる仕組みを作りたい...

 

この記事ではこうした疑問に答えていきます。

 

この記事を書いている私は30代で共働き、保育園の子どもが一人の3人家族。

夫婦の手取り合計金額は34万円で、毎月10万円の貯金ができています。

 

結論から言ってしまうと、

わが家の貯金できてる仕組みは以下のとおりです。

 

毎月10万円貯金できてる仕組み
①夫婦の収入を見える化
②貯金の目的を共有
③それぞれの給料の使いみちを明確化
④固定費の節約
⑥給料天引きで貯金
⑥無駄遣いしない

 

この記事では上記の仕組みを深堀りしていきます。

 

さらに、30歳代の貯蓄の平均額や中央値・手取りからの貯蓄割合を見て、その数字をどう捉えるかまで解説していきます。

 

共働きだけどなかなか貯金できず悩んでいる人や、今の貯金のペースが不安な人、

効果的な貯金の仕組みを知りたいという人は、気になるところだけでも見ていってくださいね〜。

 

スポンサーリンク

30代で手取り合計34万の共働きでも、貯金は年間100万超の仕組みを公開

わが家は共働きで、毎月の収入は夫婦合わせて34万です。

そこから年間100万超の貯金ができています。

 

もっと言うと、住宅ローンも10年以内で返済予定です。

(10年以内で返せるのは借り入れを1,300万円に抑えることができたからです。)

 

収入の約3割を貯金に回せる理由は、貯金できる仕組みを作れているからです。

ここではその仕組を紹介していきます。

 

具体的な仕組みは以下の6点で構成されています。

 

毎月10万円貯金できてる仕組み
①夫婦の収入を見える化
②貯金の目的を共有
③それぞれの給料の使いみちを明確化
④固定費の節約
⑥給料天引きで貯金
⑥無駄遣いしない

 

特別なことはしていませんが、あなどるなかれ、大事なポイントです。

それでは一つずつ解説していきます〜。

 

①夫婦の収入を見える化

わが家はお互いの給料をお互いが知っています。

 

私の給料が振り込まれる通帳は妻が持っており、

私はカードだけ持っているのでお小遣いは下ろしますが、それ以外でコッソリ下ろしても秒でバレますw

 

私は妻の給料が振り込まれる通帳は持っていませんが、たまに見せてもらいます。

(コッソリおろしてない!)

 

こうするとお互いコッソリ使うことができません。

 

何かを購入するときは夫婦で話し合うことになるので、

大して欲しくないものだと、話すのが面倒で自ら取り下げるという効果も期待できますよ。

 

②貯金の目的を共有

なぜ貯金をするのか?

目的を共有しておくことはとても重要です。

 

目的がなければ普段の生活でバンバン使いたくなるのは当然ですよね。

 

目的はなんでも大丈夫です。

 

例えば以下のような目的が多いです。

 

貯金の目的例
・子供の教育費
・老後資金
・海外旅行
・車の購入代金
・一戸建ての頭金
などなど

 

わが家の場合は新婚当時からそうでしたが、

 

「住宅ローンを早く終わらせる」

 

でした。

 

なので、家を建てる前は頭金のための貯金。

家を建てたあとは早期返済が一番の目標になっています。

 

なにに向かってがんばっているかが分かると、モチベーションも上がります。

 

たまに夫婦で貯金額を確認してニヤニヤするようにしましょう。

 

③それぞれの給料の使いみちを明確化

共働きの給料の分け方は色々ありますよね。

例えば以下のようなものです。

 

給料の分け方
①一定の金額を出し合う
②一定の割合を出し合う
③一人が全てを管理する
④それぞれの給料から支払うものを決めておく

 

わが家では③と④を併用しています。

 

通帳は妻が持っており、それぞれの給料から支払うものは決まっています。

わが家の給料からの振り分けは以下のとおりです。

 

わが家の給料の支払いみち
妻:住宅ローン返済、貯金
夫:住宅ローン以外の全て、貯金

 

使いみちを明確にしていると管理が楽です。

 

支出が増えてきたと感じるときも通帳をめくるだけで、簡単に確認できます。

 

ちなみに、妻はお金を下ろした時に使用用途も通帳に書き込んでいます。

 

こうしておくと、急な出費で現金を下ろしたときも

「あれ?これ何に使ったんだっけ」がなくなります。

 

結婚する前からやっていたようで、本当によくできた妻です。

ノロケです。すいません。

 

④固定費の節約

給料の管理ができたら節約も始めましょう。

 

節約を始めるならまずは固定費から。

 

なぜ固定費から始めるかと言うと、

固定は一度見直せば、そのあとは放ったらかしでお金が貯まるようになるからです。

 

まず見直すべき固定費は以下のとおりです。

 

見直すべき固定費
・通信費(スマホ、ネット)
・保険
・光熱費
・車
・家
など

 

特にスマホ代はキャリア(docomo、au、SoftBank)を使っている人は格安スマホを検討しましょう。

 

わが家は夫婦でSoftBankからワイモバイルに乗り換えて月に1万円以上節約できました。

年間12万円以上です。大きいですよね。

 

スマホの乗り換えは以下の記事も参考にしてみてください。

 

 

保険も必要以上に払いすぎている場合が多いです。

 

私の場合は、掛け捨て型で最低限のものにしか入っていないので夫婦でひと月約5000円です。

 

共済やネット保険が安くてオススメです。

 

 

光熱費は使い方よりも、契約プランを最初に見直しましょう。

 

例えば、電力自由化により電力会社は自由に選ぶことができるようになりました。

家庭に合う電力会社とプランを選ぶことで使い方を変えなくても節約できます。

 

 

車や家はタイミング次第ではありますが、

必要以上のものは購入しないようしておきましょう。

 

「普通車必要ですか?」

「カーナビ必要ですか?」

「そんなにたくさんの部屋いりますか?」

 

勢いで決めずによ〜く考えることが重要です。

 

特に住居費は固定費のなかでも一番金額が大きいものなので、

賃貸を選ぶ場合も、購入・建てる場合も慎重にいきましょう。

 

私はどんな家を建てたいかよりも、10年以内で返せるかを基準に間取りを決めて、建築会社を選びました。

 

固定費に関しては以下の記事にも詳しく書いているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

⑤給料天引きで貯金

貯金する場合は給料から天引きするのが効果的です。

 

生活費を使って、残った分を貯金するのはハードル高めです。

多めに残ってたら欲しいものが買いたくなりますよね。

 

給料から天引き(もしくは給料日に通帳引き落とし)にしておけば、残りの分で生活するしかなくなります。

 

給料が増えたらその分、引き落とし額も増やしましょう。

 

ネット銀行でも、街の金融機関でも取り扱っているのでぜひやってみてください。

 

金利は低いですが、そもそも貯金することが目的なので、あまり気にしなくて大丈夫です。

積立NISAなんかもいいんですが、少し勉強も必要なのでまずは積立貯金から始めましょう。

 

⑥無駄遣いしない

そもそも論ですが、無駄遣いしないことが一番重要です。

 

無駄遣いさえしなければお金は勝手に貯まると言っても過言ではありません。

 

コツコツコツコツお金を貯めても、

ボーナスが出るたびにブランドモノを買ったり、車の支払いに消えていっては元も子もありません。

 

大きな買い物の場合は特に慎重に。

 

「それじゃあ何のために生きてるか分からない!」

「ストレス溜まりまくり!」

 

という場合は小さな贅沢をしましょう。

実行すると意外と物欲が消えていきます。

 

物欲がなくなるプチ贅沢
・高級アイスを買う
・家族で焼き肉に行く
など

 

わが家は食べることばかり出てきますね。

すいません。

 

このあたりが贅沢ではなく日常になっている場合は、お金が溜まりにくい生活習慣になっていると言えます。

 

共働き世代の年間平均貯金額はいくら⁉見るべきは貯金額ではなく割合

他の家庭が平均でいくら貯金しているかより、手取りの何割を貯金しているかを知っておくほうが重要です。

 

金額ばかりに注目すると、

 

「がんばってるのに平均額もたまらない...」

 

とムダに落ち込んだり、

 

反対に

 

「平均より多いからちょっと贅沢してもいいよね」

 

と、せっかくのお金を貯めるタイミングを逃すことになってしまう恐れがあります。

 

では実際に貯金額の平均値・中央値、手取りからの貯蓄割合を見ていきましょう。

 

ここで紹介するデータは金融広報中央委員会の2019年「家計の金融行動に関する世論調査」(二人以上世帯)を参考にしています。

 

「30歳代の金融資産保有額の平均」は640万円

 

30代の貯金額の平均は640万円です。多い感じがしますよね。

 

平均値は高額の貯金をしている人に数字が引っ張られる傾向があります。

実際、3,000万円以上貯金している世帯が2.5%あるんです。

 

次に中央値でみていきます。

 

中央値(中央値、英: median)とは、代表値の一つで、有限個のデータを小さい順に並べたとき中央に位置する値。たとえば5人の人がいるとき、その5人の年齢の中央値は3番目に年寄りな人の年齢である。

 

 

「30歳代の金融資産保有額の中央値」は355万円

 

さっきよりもリアルな数字になったと思います。

 

ここで「保有している金融商品」の内訳を見ていくと、

 

「保有している金融商品」の内訳
【預貯金】96.7%
【積立型保険商品(生命保険・損害保険)】62.5%
【個人年金保険】25.0%
【株式】17.9%
【投資信託】10.1%
【財形貯蓄】16.4%

 

となっており、多くの家庭では預貯金と生命保険がメインになっていることが分かります。

 

株や投信などのリスク商品は、

ある程度預貯金が溜まってから考える人が多いことが予想できますし、私も同じ考えです。

 

「投資は余裕資金で行う」を覚えておきましょう。

 

それではいよいよい、給料のどれぐらいの割合を貯金しているのかを見ていきます。

 

年間手取り収入からの貯蓄割合
【5%未満】8.8%
【5〜10%未満】19.4%
【10〜15%未満】14.8%
【15〜20%未満】6.4%
【20〜25%未満】8.5%
【25〜30%未満】2.5%
【30〜35%未満】4.9%
【35%以上】4.2%
【貯蓄しなかった】19.1%

 

となっています。

 

貯蓄しなかったという回答が2割近くもあります。

 

現在貯蓄がができていないという家庭は、まず貯蓄割合の多かった5%〜15%を目指しましょう。

 

15%以上貯蓄できている家庭は26.5%で全体の4分の1ほどになっています。

 

15%を超える貯金ができるようになれば「貯金をがんばっている」と胸を張っていいでしょう。

 

共働き世帯は協力して年間で貯金できる金額を増やしていこう。

共働き世帯は、夫婦で考え方を共有して、貯金の仕組みができれば必ずお金が貯まるようになります。

 

ここまでお金を貯める仕組みや、貯金の平均や手取りからの割合をみてきました。

 

自分の家庭と照らし合わせてハッとすることはあったでしょうか。

やってみたいと思うことはあったでしょうか。

 

わが家の場合、実は妻のほうが給料が高いんです。(夫:16万、妻:18万)

 

その分私は家事や育児をがんばって妻が働きやすい環境を作るように心がけています。

 

毎日の皿洗いや保育園の送迎はもちろん、お弁当も交代で作っています。

 

大事なことは家族で協力してお金が貯まる仕組みを作り上げることです。

 

そのためにわが家では

「どちらかが家事をしていたら必ず手伝うor他の家事を先回りしてやっておく」

というルールができました。

 

まずはできそうなことから、小さなことからでも大丈夫です。

それぞれの家庭に合った貯金方法やルールづくりをやってみましょう。

 

この記事がみなさんの貯金の仕組みづくりの一助になれば、とても嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事